スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマハニューアイボリー(人口象牙)鍵盤の修理

ピアノ調律
06 /22 2016
こんにちは!
今回も鍵盤修理の話題になりますが、ちょっとレアな修理というか、こだわりのある修理です。
ヤマハの白鍵盤はご存知の方も多いと思いますが鍵盤前面(小口)の変色、変形という経年劣化が生じることが多く、その場合の修理としては新しい前面(小口)に張り替えています。
今回のピアノはヤマハニューアイボリーという人口象牙の鍵盤になります。
象牙だけに色合いが通常のアクリルと違って真っ白ではなくクリーム色になっています。
ですので前面だけアクリルに交換すると上面との色が明らかに違ってしまいマッチしません。
DSC_0278ftm5.jpg
ですのでヤマハ純正のニューアイボリー鍵盤前面を取り寄せて張り替えることにします。
DSC_0279fghjm3.jpg
↑アクリルとの色の違いを比べてみました。左がニューアイボリー用、右がアクリルです。はっきり色の違いが分かりますね!
DSC_0280drtmny4.jpg
張り替えの作業方法はアクリルと一緒です。接着剤のアセトンで張り付けてはみ出た部分を削って、きれいに成型して完成です。
DSC_0282dftyn2.jpg
DSC_028frfhny1.jpg
アクリル白鍵盤とニューアイボリーを比較してみました。
やっぱり純正品がしっくりきますね!

しか~し、じつは部品代がかなり違いまして、アクリルの汎用品は一台分¥1,000程度に対して純正のニューアイボリーは¥7,000ほどしてしまうのです。
この他に工賃が通常はかかってきますので悩ましいところですね。

コメント

非公開コメント

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。