FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天気予報

ピアノ調律
10 /11 2015
こんばんは。

ピアノを習っていると、発表会ってある場合が多いです。
私は、ピアノを習っていた頃は、発表会がとても楽しみでした。

何で楽しみだったかよく思いだ出ませんが、よく考えてみると、先生の押し押しな選曲のせいかなと思いました。
選曲したいくつかの曲をCDで聴くのですが、これは本当に私にすすめているんだろうかと思うほど、
難しめでかっこいい曲でした。
CDを聴いているだけで自分がその曲を弾いているイメージがムクムクと湧いてきてしまってワクワクしました。

現実は、発表会までに間に合わず、すごいスローテンポで弾くという最終手段を使うことになっていましたが…

20代になった頃には、自ら先生に次の発表会は、これを弾きたいと提案していましたが、クラッシックでなくても
反対されることもなく自由に弾かせてくれました。

そのうちの一曲が、誰もが耳にしたことがあるけど、曲名と作曲者を知らないあの曲です。

天気予報のBGMだったと思います。

あらためてCDで聴いてみるとピアノの音の余韻がすごく綺麗で、ため息をついてしまいます。

どうしてこの曲を選んだかというと、当時は私は調律学校に通いながら、bunnkamuraのオーチャードホールでアルバイトをしていました。


その時に、作曲者であるジョージウィンストンが出演していて、生でピアノを聴けたのです!

それを聴いて私も弾いてみようと思ったのです。


この時の録音を久しぶりに聴いてみましたが、下手だなぁと恥ずかしくなりました。

この人はピアノのハーモニーの美しいところを知っていて、余韻がきれいに調和しています。
ピアノの音がすごく好きなんだなぁと感じる演奏です。

これぞ、表現力 !

ロンギング ラブ🎵






コメント

非公開コメント

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。