スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マル

ピアノ調律
08 /06 2015
こんばんは。

毎日暑いですね。
アセモが日に日に増えていきます。

いかにして自分を冷やし汗をかかないか考えていますが、いい案が思い浮かびません。
水かぶるしかありません。

最近、あまり良くない傾向なのですが、ライブやコンサートに行く機会が減ってしまいました。
ジャズだとわりと低価格で見られたりするのですが、仕事終わってから、さぁ行くぞって気がおきません。

そのせいか家でゴロゴロしながらYouTubeを眺める頻度がぐっと上がっています。


All Alone🎵

この人はとても個性の強いピアニストだと思います。マル・ウォルドロンという方です。
どうしてこんなに個性的なのでしょう。

常識の枠を超えている感じがします。題名の通り、一気に孤独が襲ってきます。

一度、ブルーノート東京に聴きに行ったことがありますが、葉巻をくわえながら演奏していました。
自由すぎです。

この後、残念ながら亡くなりました。


オスカー=ピーターソン、トミー=フラナガンもなくなる前にギリギリ聴きに行けました。

亡くなってしまった方も多いですが、ジャズジャイアントはまだギリギリ健在ですので、生きているうちに観に行きたいと思っています。

亡くなってしまうとCDでしか聴けないのです。生で聴くのとは全然違うのです。

トミー=フラナガンを生で聴いたときは、こんなに暖かい音だったんだと感じました。


私が一番聴いてみたかったのはホロヴィッツです。もう生で聴けないと思うとさらに思いは募るのでしょう。









コメント

非公開コメント

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。