FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いやり

ピアノ調律
05 /16 2015
こんにちは。

私たちは初めて調律にお伺いするお宅では、ピアノがどのような所に置かれているのか見ます。
ダイニングの近くなのか、窓があるのか、エアコンの位置、床暖房があるのか、などです。

これらは気をつけないと、ピアノのコンディションを悪くする原因となりますので、注意をしてもらいます。

中でもピアノの周りにエアコンがあるケースは多いです。
エアコンはピアノの音を狂わせます。特にピアノにダイレクトに当たると、大きく狂う原因となります。


私がたまに利用しているピアノの練習スタジオのエアコンです。
気づきますか?送風口に風を下にいかせないようにガードがついています。
こんなのあるのですね。
パーフェクトではないにしてもやらないよりやった方が良いと思います。
心意気に感心しました。
エアコンの位置動かせないからどうしようもないよねで終わらないで、なんとか工夫していきましょう。




ピアノは木や鉄、フェルト、クロスなど湿度や気温の変化で動くものばかりです。

ちゃんと気をつけてあげないと、元気がなくなりますので、
注意してあげてください。

ご自分で出来ることは、例えば、ピアノにかかっているカバーは湿気っぽくないか、
直射日光が当たっていないか、洗濯物を近くに干さない、エアコンの風が直撃させない、まずはこのあたりから気をつけてみてはいかがでしょうか。

どうしても動かないものだから家具みたいなイメージですよね。
デリケートな楽器ということを忘れずにいましょう。

人間と一緒で思いやってあげることが必要です。

コメント

非公開コメント

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。