FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音律

ピアノ調律
05 /12 2015
こんばんは。

久しぶりの更新になってしまいました。
ブログを見ていただいている皆様、すみません。

最近購入した本です。『響きの考古学』という題名です。
定価1300円なのですが、中古で2300円ほどしました。数が少ないのでしょうね。



音律について色々書いています。
現代ピアノの調律は、ほどんど平均律という音律で調律します。
平均律って何かと簡単に言うと、1オクターブを12コで割ってそれぞれの距離感を均等に分けたものです。
1オクターブを12等分します。
ド、ド♯、レ、レ♯、ミ、ファ、ファ♯、ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シ
それぞれの距離感が均等なので、転調しても何ら問題がありません。
デメリットもあり、ある和音の響きが汚いです。


わかりにくくてすみません。
平均律で調律されたピアノのドレミファソラシド以外にも、違うドレミファソラシドがあるってことです。

この本はちょっと難しいので、音律について学んでみようという方は、
『音律と音階の科学』小方厚著 by 講談社
これが比較的読みやすいかなと思います。

音律の話になると数学が出てくるので覚悟してくださいね。
三平方の定理を発見したピタゴラスは実は音律も発見してしまっています。
ピタゴラス音律と言われています。すごい考える人だったのでしょうね。








コメント

非公開コメント

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。