ピアノテックス(防音装置)取り付け

ピアノ調律
10 /19 2016
こんにちは!今回アップライトピアノに防音装置 ピアノテックスを取り付けたのでご紹介します。
アップライトピアノの防音対策製品ははピアノの背面に吸音のボードを立てかけたり張り付けたりするタイプが多いのですが今回は背面に張り付けるピアノテックスという製品です。
DSC_0324.jpg
穴のたくさん開いた助響板と、だいぶ厚みのあるスポンジ状の防音マット(テックス)その他化粧カバー等が入っています。
DSC_0323.jpg
DSC_0325.jpg

まず助響板を両面テープでピアノの背面に貼り付けます。張り付ける向きがあるので説明書通りに正確に。
DSC_0326.jpg

その後テックスを両面テープで貼り付けますが重量があるので剥がれてしまうことがありますので私は必要に応じて接着剤を用います。後々テックスを外すことがある場合に備えてピアノに直接接着剤がつかないよう配慮します。
DSC_0327.jpg

落下防止のテープでしっかり固定します。
DSC_0329.jpg

最後に化粧カバーをかけて完成です。
DSC_0330.jpg

肝心の防音効果は高く、隣室や近隣への音漏れはだいぶ軽減されます。
音がこもって演奏者に不満は無いかという点では確かに構造上、音の出ていく響板を塞いでいるので違和感はありますが、演奏上支障があるということを言われる方はあまりなく、ほぼほぼ満足頂いています。(私の取り付けたお客さまに限ったご意見ですが、、)
それ以上にご近所への音漏れの迷惑を考えなくても良くなるという安心感での満足が大きいのではないでしょうか。

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。
八島
スポンサーサイト

Safety-Arm アップライトピアノ後付式鍵盤蓋安全装置

ピアノ調律
10 /02 2016
鍵盤蓋の開閉時に手を滑らせて怪我をすることがないようにする為の安全装置です。
同様の装置は何種類かあるのですが今回「Safty-Arm」というヤマハピアノに適応した製品を取り付けました。

DSC_0310fyngty.jpg
製品本体と取り付け説明書、ネジ類が入っています。
DSC_0311serbt.jpg
またヤマハピアノ取り付け対応品番が掲載されています。
一般的なアップライトなら大体取り付け可能です。家具調やスライド式の鍵盤蓋には取り付けることが出来ません。
DSC_0312drtny.jpg
取り付け位置を決めるのですが、寸法の型紙がついているのでとっても便利です。
DSC_0313yrt.jpg
ネジで固定するタイプですのでネジの位置をキリで印します。
DSC_0314drtyu.jpg
そして本体取り付け
DSC_0317.jpg
ネジを隠すカバーをくっつけて完成です!
DSC_0319.jpg
他のメーカーの製品と比べてスタイリッシュですよね。
↓こんな感じに動作します。

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。