ピアノ調律
08 /30 2015
こんばんは。

日曜日も終わってしまいました。
本日は、実家のピアノを調律してきました。
とても狂っていました。調律をしていると後ろで母親が鼻歌を歌い始めます。
調律している音域と同じになってくると干渉しあって聞きづらくなるので、ストップをかけます。
裁縫を始めたのでしばらくは大丈夫だろうと思っていると、
三板(サンバ)という沖縄の楽器を突然叩き始めました。
三板🎵
材質は黒檀ぽいです。けっこう響く音です。
さすがに笑ってしまいました。
三板できるわけでもないのに。とりあえずこれもやめてもらいました。
その後も雑音は続きましたが、なんとか終えました。なかなか手強かったです。



自分の親ながら、ちょっと自由すぎると感じました。
スポンサーサイト

オスカー

ピアノ調律
08 /25 2015
こんばんは。

本日は、 外装修理をしておりました。

鍵盤蓋のことを、職人はみんな、「まくり」と呼びます。

まくりの傷がひどいピアノでした。

また、鍵盤両サイドの部分を拍子木と言いますが、これも「ゲタ」と呼ぶ人が多いです。

職人は気が短いのか、わかりやすく、しかも短くする傾向にあるようです。

昨日はオスカーピーターソンの動画を出しましたので、ついでにその続きです。


自由への賛歌🎵

ピアノは、デンマークのピアノです。コペンハーゲンのピアノでHornung & molder というピアノです。oに
ウムラウトがつきます。


コペンハーゲンは一度行ったことがありますが、とても地味な国です。全体的にレンガ色な感じです。人はとても優しいです。

この曲を聴くと、励まされるのです。

気分が落ち込んだ時などは、心の底から持ち上げてもらえるような、そんな演奏です。

ベイシー

ピアノ調律
08 /24 2015
こんばんは。
台風のせいか少し暑さが落ち着いてきました。

夏といえば、TUBEですが、私は熱帯ジャズ楽団を思い出します。
熱帯ジャズ楽団

イメージカラーは赤です。

私は学生時代にビッグバンドをやっていましたが、熱帯ジャズ楽団みたいのでなく、カウントベイシー楽団の曲を主に演奏していました。

ピアノはベイシーらしさを出すのが大変難しいのです。

今でこそ映像を簡単に見ることができますが、ベイシーの場合、映像を見なくても楽しそうにピアノを弾いているのがよくわかります。

ベイシー🎵

こういう感じは日本人には難しいですよね。黒人特有のノリっていうのでしょうか。タメる感じがどうにも私には出来ませんでした。
ピアノもサックスもドラムに対してオンじゃなく、少し後め後めにとっています。

オスカーピーターソンと仲がよかったようで、よく一緒に演奏しています。

オスカーピーターソンはけっこう音数が多いですが、ベイシーは逆で音で表現するというよりも音が鳴っていない間で表現するタイプです。

映像を見てみましょう。

オスカーピーターソン & カウントベイシー🎵

ちなみに右側の白髪のおじさんの方がカウントベイシーです。
個性のぶつかり合いですね。


UX500

ピアノ調律
08 /21 2015
こんばんは。

本日は,ヤマハのUX500の整備をしておりました。
ヤマハの高級機種です。外装も細かいところのデザインが綺麗です。



音も高音がよく響き良いです。

こんなピアノが家にあったら、毎日が楽しいだろうなぁと思いました。

これをお買い上げのお客様が正直羨ましくてたまりません。

良い音のピアノがあれば、ますますピアノが弾きたくなります。




ピアノ調律
08 /20 2015
こんばんは。

だいぶ暑さも落ち着いてきました。
ホッとしています。


今日は疲れたので癒しのピアノを聴いていました。
とても優しい音です。

不二子ヘミング ラ・カンパネラ🎵


前にテレビでこの方の人生を描いたドラマ❔みたいなのをやっていましたが、けっこう壮絶な人生でした。
菅野美穂さんが演じていました。耳を煩わせたり、チャンスを逃したり、貧困だったり…

道路に倒れながら、オレンジをかじるシーンが印象的でした。


もう一曲
ため息🎵







ピアノ調律
08 /13 2015
こんにちは。

お盆ですね。
暑いけど、頑張って8月を乗り越えましょう!


写真はピアノのキャスターです。

フルコンサートピアノ(コンサートホールなどで使われる一番大きいピアノ)のキャスターです。



右の家庭用のアップライトピアノと比べると、すごい差です。

ピアノ本体の重さも違いますから当然なのですが、面白いですね。

しかもキラキラでフルコンサートは細部まで美しいです。


マル

ピアノ調律
08 /06 2015
こんばんは。

毎日暑いですね。
アセモが日に日に増えていきます。

いかにして自分を冷やし汗をかかないか考えていますが、いい案が思い浮かびません。
水かぶるしかありません。

最近、あまり良くない傾向なのですが、ライブやコンサートに行く機会が減ってしまいました。
ジャズだとわりと低価格で見られたりするのですが、仕事終わってから、さぁ行くぞって気がおきません。

そのせいか家でゴロゴロしながらYouTubeを眺める頻度がぐっと上がっています。


All Alone🎵

この人はとても個性の強いピアニストだと思います。マル・ウォルドロンという方です。
どうしてこんなに個性的なのでしょう。

常識の枠を超えている感じがします。題名の通り、一気に孤独が襲ってきます。

一度、ブルーノート東京に聴きに行ったことがありますが、葉巻をくわえながら演奏していました。
自由すぎです。

この後、残念ながら亡くなりました。


オスカー=ピーターソン、トミー=フラナガンもなくなる前にギリギリ聴きに行けました。

亡くなってしまった方も多いですが、ジャズジャイアントはまだギリギリ健在ですので、生きているうちに観に行きたいと思っています。

亡くなってしまうとCDでしか聴けないのです。生で聴くのとは全然違うのです。

トミー=フラナガンを生で聴いたときは、こんなに暖かい音だったんだと感じました。


私が一番聴いてみたかったのはホロヴィッツです。もう生で聴けないと思うとさらに思いは募るのでしょう。









装備

ピアノ調律
08 /02 2015
こんにちは。

本日もとても暑いです。
こんな日は冷房の部屋で昼寝でもしていたいです。


車を長時間運転するので日焼け止めを塗っていますが、日々小学生みたいに黒くなっていきます。

外に行く時は意外と長袖がいいですよ。
ワークマンで手に入れた冷感パーカーが大活躍です。
冷たいのは着た瞬間のみですけどね。ただ、サラッとはしています。

Tシャツか作業着も吸収速乾の素材のものを選ぶと、もう、綿のTシャツは着れなくなります。
綿のTシャツみたいに汗臭くもなりませんし、サラッとしています。

ワークマンとか作業着系のお店か、あとはスポーツウェアコーナーでも買うことができます。

ユニフォーム系はみんなこの素材です。サッカーもバレーボールも。

ピアノとは全く関係ないですが、世の中の綿Tシャツ率が非常に高いので書いてしまいました。
ただデザインがどうしてもスポーツっぽくなるので、普段着には採用されないのでしょう。

日本人は見かけを気にしすぎだと思います。
アメリカ人は夏は、短パンにタンクトップです。

これも極端ですが、中間くらいが一番いいのかな。

女性が堂々と新宿へジャージで行ってもいい時代が早く来ますように。

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。