大晦日

ピアノ調律
12 /31 2014
大掃除も無事?に終わって新年を迎える準備も出来ました。

今年も一年仕事で共にしてきた調律道具の手入れです。
20141231_125440_419.jpg
チューニングハンマー他工具達、来年もよろしく


ブログを本年も閲覧頂きましてありがとうございました。
寒さも厳しくなってきますが、皆様お体にお気をつけて、よい新年をお迎えください。



八島ピアノ調律
八島信之助

スポンサーサイト

年末休み

ピアノ調律
12 /31 2014
こんばんは^_^

年末休みなので実家に帰ってきました。実家のピアノも元気そうです。
けっこう古いピアノで48歳くらいの私より大先輩です。

よくあるパターンは近所迷惑を気にして音を気にするパターンが多いのですが、うちの場合は家の中にピアノの音をうるさがる人が多かったので少し音が小さくなるソフトペダルを踏みながら(弱音ペダルをでなくソフト、一番左のペダルですよ)弾くのが当たり前になってしまいました。

実は今でもその癖が抜けません。
なるべく直したいと思っていて、外で弾く時は踏みませんが実家に帰ってくるとやっぱり踏んでしまいます。

小さい頃から遠慮弾きしていると癖になってしまいます。
出来れば伸び伸びと弾ける環境を作ってあげるのも重要だと思います。
ちなみに親はこの癖を知りません。


それなので私はピアノは居間ではなく居間以外の隔離された部屋に置いてあげるのがいいのではないかと思います。

その家族の事情にもよりますので、一概にはいえませんがその家庭の状況にあった置き場所があると思いますので考えてみるとおもしろいと思います。


子供でもけっこう気を使いますので、親の知らないうちに勝手にあれこれします。




ピアノ調律
12 /29 2014
こんにちは。いつもブログを見て下さいましてありがとうございます。
今年もあと残すところわずかになりました。が、大掃除がはかどりません、、
年内の仕事は先週末で終わりましたが、今日は地元の中学校へ吹奏楽部のお手伝いに行ってきました。
ピアノ伴奏と簡単な指導のボランティアです。これもピアノのお仕事のうちに入るのかな。
10878903_756536691094516_1146631676_o_2014122916003712f.jpg

ピアノ調律
12 /27 2014
こんばんは。土曜日です。

エアコンを使うこの時期、ピアノは狂いやすいです。
でも狂ってほしくありません!

一番はエアコンつけない!ですが寒いですよねやっぱり。
エアコンを付ける時と消す時、少し手間をかけて上げると手間をかけた分、狂いにくいです。

ピアノは急激な温度湿度変化でグヮッと狂います。
それなので急激にならないようにしてあげます。

温める時はジワジワとクレッシェンドで温めます。
スフォルツァンドではだめですよ!

ドアも開けたままジワジワと温めます。

消す時もしかりです。
スウィッチを切ってドアを開けっ放しにしてどこかへ行かないで下さい。
急激に温度が下がってしまいます。

デクレッシェンドでお願いします。ピアノにも思いやりを^_^

木と鉄で出来ているので、生き物そのものです。
定期的に調律しているからといって狂わないわけではありません。

弾く人の日々のお世話にて始めてピアノは良い状態を保てるのです。

四季のある日本ではピアノは向かないと言われています。
ピアノの性格を理解してケアしてあげることが、必要なのです。

私たち調律師も調律に行った際には、なるべくアドバイスを出来るようにしたいと思います。

わからないことあれば遠慮せずにバンバンお問い合わせくださいね。

自分の楽器を可愛がってあげることが大事です。

コンサートの調律

ピアノ調律
12 /26 2014
都内のホールまでコンサートの調律に行ってきました。
グランドピアノはスタインウェイのD型というコンサートグランドです。
ピアノを見てアレっ?と思いませんか。
10834665_754961961251989_443734424_o.jpg

分かりますでしょうか。
斜め上に開く屋根がありません。
無いのではなく取り外してあります。
普段グランドを調律する時は正面左側は屋根で見えませんが、屋根が無いのでホール全景がみえてとても開放的でした。ちょっと違和感ありましたけどすぐに慣れます。調律の作業には何も影響はないです。
10876722_754962327918619_559171836_o.jpg

合唱のコンサートでピアノの両側に合唱隊が並ぶスタイルの為、ピアノの正面に立つ指揮者と合唱隊が見やすくなるように屋根を外したそうです。

試弾

ピアノ調律
12 /25 2014
こんばんは。木曜日です。

いよいよ明日で仕事納めとなります。
一年間お疲れ様でした。

明日の仕事は外装修理と、柏のバーのピアノの調律です。

私は調律師を始めた頃はピアノを弾くのが好きで好きで仕方ありませんでした。
趣味を仕事にすると趣味でなくなるといいますが、まさにその通りで
趣味ではなくなりました。
厳しい面とも立ち向かっていかなくてはなりません。

そのうちに段々とコレクションしたCDも聴く回数も減ってきました。

コンサートに行っても音楽を楽しむというか狂った音探しをしてしまうのです。仕事モードです。


しかし!最近手持ちのCDをよく聴き直してみると以前と違った発見も多く、ピアノの練習をコンスタントにしているわけでもないのに以前よりうまく弾ける!という自信が湧いてくるのです。

芸事というのは、単純に練習していれば良いということでもなく(もちろん練習は大事ですよ!)、ピアノにも関係ないことが影響してくるようです。

嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと、そういう感情をいかに表現できるかだとおもいます。

それなのでピアノにばかり鬼のように練習していても一流になれないのかなと思います。
表現をできてこそ人に伝わる何かが生まれるのかなと思います。


何かを表現するということは、すべて同じだと思います。
ピアノでも書道でも武道でも。


いい表現をするには人生の経験値と集中力、パッションが必要です。
その他にも私の知らない何かがあるのでしょう。

一生懸命気持ちを込めてピアノを弾いている人ってすぐわかります。
そういう人を見ていると、あぁいいなって思います。

私も来年はたくさんピアノを弾く年にしたいです。
実は弾きたい曲が手帳にたくさんメモしてあるのです!!






解体

ピアノ調律
12 /23 2014
こんばんは。

先日は珍しい仕事がありました。
ピアノの搬送に伴い、ピアノがサイズ的に家から出られないため、解体してから、運び出すという段取りで解体を担当しました。運び出すのは運送屋さんのお仕事です。

外装修理の全塗装の時は、工房内にピアノを持ち込み解体してからの作業となりよくあることです。
お客様宅での解体となると床にもピアノにも傷つけにように配慮するのが大変です。

入れる時はクレーンで窓から入れたそうですが、諸事情により解体してからの搬出となりました。

一度、ピアノを写真のように寝かせてからの作業となります。

あとは分解をするのみです。

一番のネックは、写真にも写っているピアノの腕をとる作業です。
ここはネジ以外に強力なボンドで接着されているので、思い切りパンチしてとります。
それでもだいたいだめなので、下側の目立たない所にノミを2、3本打ち込みます。
このノミの打ち込み具合でキレイにとれるかとれないか決まります。
ここは慎重に様子を見ながらキレイにとりたいです。


ノミが刺さっている状態でパンチします。お相撲さんの突っ張りみたいにやります。




お客様にとっては解体作業は大きな音がしますし、バラバラだし目の毒かも知れません。
しかし、また、元どおりになりますのでご安心下さい。

しかしクレーンで出せるならクレーンで出した方が効率が良いでしょう。

年末年始や3〜4月はピアノの運送屋さんは混み合いますので早めに予約した方が良いですよ。

当社では運送の手配も出来ますのでお気軽にお問い合わせくださいね。





小田原市

ピアノ調律
12 /20 2014
こんばんは。

本日は調律に出ていました。
小田原城の前のお宅で、ワクワクスポットでした。

小田原まで行くと流石に箱根まで行きたくなってしまいます。
あー箱根にいきたい!

帰り道は事故渋滞にはまってしまい大変でした。お手洗いを我慢するのに。

高速に乗る前に絶対済ませておくこと。

①お手洗い
②給油

予期せぬ渋滞にハマった時、この二つは確実に自分を追い詰めます。
さっきまでルンルンでコーラ飲んでいた自分を呪います。

今日強く思ったことはそれくらいで、ピアノとは全く関係ないですが、今日一人でも多くの人に伝えたいことでした。




ピアノ調律
12 /18 2014
こんばんは。

毎日寒いですね。
本日は室内でピアノの外装修理をしていました。

大きいピアノの倉庫や工房はたいてい床に鉄板が敷かれています。
ピアノを頻繁に動かし床が痛むからです。

鉄板なので夏は暑く冬は冷たいです。
床に座ってする作業などは、すごくきついので段ボールなどを敷いてりして凌いでいます。
基本エアコンなどはありません。

びっくりするくらい寒いのでエスキモーみたいな格好で作業しています。
誰が誰だかぱっと見わかりません。

とにかく体を冷やさないようにしています。

これから二月にかけてが一番しんどい時期です。
整備の日はモコモコで頑張ります。


納品準備

ピアノ調律
12 /16 2014
こんばんは。

本日はピアノの修理をしました。
無事終わり納品の準備です。ピアノの内部機構(アクションといいます。)を3台分車に積みました。
この車は、チビ太君ですが、この写真のようにたくさん積めます。
軽でもあなどるなかれ。

アクション積む時用に緩衝材的な役割や雪や泥にハマった時にタイヤに噛ませて脱出できるよう毛布を積んでいますが、お客様がその毛布をみて
車で寝泊まりしているのですか❔と問いかけられたことがありました。
確かに寝泊まりできるスペースではあります。

ちょっとこの車の可能性について考えた一瞬でした。

この車は仕事でばかり使っていますが、お正月はプライベートでチビ太君と一緒にドライブに行こうと思います。









音感

ピアノ調律
12 /14 2014
こんにちは。

本日はピアノの修理をしています。
こんなに晴れている日は車に乗ってお外に調律に行きたいです。

最近恵まれているのかそうでないのかわかりませんが、ものすごく狂っているヘヴィコンディションのピアノにあたりません。

たまにはそのようなピアノを調律してスッキリしたいです。
10年とか20年とか調律されていないピアノを持っている方がいたら調律してみませんか❔

私が新人の頃、このような10年以上調律していないピアノを担当することがしばしばありました。
一つびっくりする思い出があるのですが、そのピアノは半音くらい音程が低下したドカ狂い状態でした。
半音というのは数字にすると100セントです。
定期的に調律をしているピアノですと、真ん中の音域で、だいたい一年で2〜8セントくらいのズレが平均的です。
それが半音低下なので100セントのずれということになります。数字にするとヤバイズレ加減だということがわかってもらえると思います。

調律も時間がかかります。

やっとで調律をして試弾をお願いしたところ、音が高すぎて気持ちが悪いとの衝撃の一言をいただきました。
ずっと著しく音程の下がったピアノで弾いていたので狂った音程に耳が慣れてしまっていたようです。

新人だった私は必死に頭をまわして、考えました。

お客様が気持ちが悪いおっしゃっているのだから、直すべきだろうか。
元に戻すとしたら、もう一度作業のやり直しか。
いや、でも低下した音程に戻すのは調律師としていいのか、ピアノにも張ったり緩めたり負担をかけすぎるし、、、
二回作業するのだから2倍調律代いただくべきか、戻したのだからプラマイゼロでもらえないのか....

いや、ここは一つ説得しようと思いました。
いい耳をお持ちなのでこの正しい音程にもすぐ慣れるはずですよ、と。
他の楽器と合わせるにもこれで慣れておかないと苦労しますよ、とこちらの必死さが伝わったのか、そうですよねと、納得していただけました。


今考えるとこれは珍しいパターンなんですよね。
ピアノよく弾く方はたいてい調律はしていただけます。

この方はよく弾くにもかかわらず、調律をずっとしなかったパターンです。

このように変な音感がついてしまうという恐ろしい結果となってしまいます。


ピアノはジワジワと気づかないうちに狂ってきますので、定期的に調律をしてあげてくださいね!

ピアノ調律
12 /11 2014
こんばんは。

本日は調律で練馬をまわっていました。。
私の出身地ですが、練馬は本当にいいところです。

練馬っ子は小さい頃は、木馬の会に入っている子が多いです。

大人になってからでも練馬区出身だとわかると木馬の会入ってた?という会話になります。


木馬の会とは何歳までかは忘れましたが、子供だけが入れる「としまえん」のフリーパスのなのです。

木馬の会に入っていれば、入場も乗り物もプールも行き放題です。

私の家からとしまえんは歩いて15分くらいです。

としまえんに行けば、誰かしら友達に会います。
夏になると金曜日は花火の日で、みんないそいそと家から環八に出て来てビール片手に見物をします。


ところが最近花火をしなくなったようで寂しい限りです。

久しぶりに幼馴染でも誘ってとしまえんに行きたくなりました。

工具

ピアノ調律
12 /09 2014
こんばんは。
本日は神奈川県をまわっていました。
東横線は座り心地がよくて眠くなります。

私は工具がけっこう好きで、お店にいっては色々みてしまいます。
今使っているドライバーはKTCという日本製のドライバーです。写真の一番右と一番左です。

長いこと使っています。特徴は木柄でひょうたんというほど丸くないけど持ちやすいよう凹凸があります。
手にフィットします。誰かに貸したら使いにくいと言われましたが、私はとてもいいドライバーだと思います。
きっとその人の手の形とかも関係すると思います。
一本4000円位です。



真ん中の二本は、スイス製でスイスツールズが出しているPBというシリーズのドライバーです。
私の中では最強のドライバーです。プラスもマイナスも素晴らしいです。

マイナスは仕掛けがあって、普通マイナスはペタッとしていますが、このPBは写真のように先端に少しデコっとくぼみがあり、ビスに食い込みやすく滑りにくいのでビスにフィットして回せます。↓
仕事の効率が大幅にアップします。



プラスも頼りがいがあって、錆びて回しにくいビスの時は大助かりです。
ビスに噛みやすいです。


私のここ数年の一押し工具は、↓のザウルスと言う名のペンチです。
日本製でエンジニアという工具の会社が作りました。
先端がギザギザしています。
けっこう人気なので持っている方もいるかと思います。



例えば、ビスを取ろうとして回したが、ビスが舐めてしまった。
ピンチ。
そのような時ビスが少しでも上がってくればこのザウルスが役に立ちます。
がっちりビスに食いつき回せます。
ただのペンチだとそうはいきません。
ザウルスの場合一ミリ以下でもビスの頭出ていれば大丈夫ですね。
とても強い味方です。

ちなみにこちらが普通のペンチです。↓
先端が全然違いますよね!



調律にお伺いした際に、ピアノの外装のビスが錆びていてとれない、しかし取らないと不具合を治せないという時が稀にあります。

そのような時はなんとかビスをとらなればなりません。
ザウルスはかなりヘルプしてくれます。

ザウルスとPBの貫通型ドライバー(ドライバーの頭をハンマーで叩けるようになってる仕様のもの)があればドリル使わなくてもけっこうなんとかなります。

錆びたビスを外したい人がどれだけいるか、さて不明ですが、そんな状況下におかれたら思い出してください。
工具ってとても大事ですよね。

安物の工具では腕がよくてもどうにもならないことがあります。
良いドライバーを使うと、ホームセンターによく売っているV社のドライバーはもう使えません。
V社は力を入れたり回したり悪戦苦闘しているとドライバーの方が先に欠けたりしてしまいますね。

普通に使う分には問題ないですが、錆びたビスと戦う可能性のある人はちゃんとしたドライバーを揃えたほうが良いでしょう。

パトカー

ピアノ調律
12 /08 2014
こんばんは。

先日調律の移動中に栃木の佐野サービスエリアによったところ、おまわりさんが異常にたくさんいました。
これは大事件だと思いながら、進むとセレモニーでした。
ピーポ君とかもいて賑やかでした。

パトカーもたくさんいて、もしや珍しいのいるかもと思いすぐさま車に戻りカメラをとって来て大正解!
ふだん見れない車種のパトカーたちがいました。

写真はホンダのNSX、おまわりさんに質問したところ日本に一台しかないーパトカーだそうです。



栃木県警のものです。ホンダの工場があるからだとか。

こういう車は夢がありますよね。見ててかっこいいしワクワクします。
他にもマツダのRX8や日産のGTRがいました。
あと、フェアレディZもいましたね。

お客様の調律お伺いして、このような不思議なご縁でいいものが見られることがたまにあります。
お祭りの山車や花火、イベント、景色。

そのなかでもこの日の交通警察隊のセレモニーはここ最近で一番心が満たされました。
とてもかっこいいパトカーたちでした。

白バイもたくさんいて、一斉に出動して行きました。
居合わせた人たちは皆同じこと思ったと思います。

今日は気をつけよう、と。






寒くなってきましたね。

ピアノ調律
12 /05 2014
しばらく調律の仕事をお休みしていまして、久しぶりに都内のお客様宅まで調律に出かけてきました。
季節がすっかり秋から冬に変わりましたね。

気が澄んでいるのか仕事に向かう電車の車窓から富士山が綺麗に見えました。

こういう時こそ写真撮りたいですね。電車が混んでいたのでちょっと撮影はできませんでした。残念。

ですのでいつもと変わらず調律中のピアノの写真です。
10844363_747495155332003_84422439_o.jpg
ヤマハのピアノプレーヤ付きのアップライトピアノです。
調律の作業は通常のアップライトピアノの調律を行いまして、その後ピアノプレーヤのメンテナンスを行います。
アコースティックの調整が狂っていれば、それに合わせてピアノプレーヤの動作も影響が出るのです。

ヤマハのMXシリーズというピアノプレーヤでは古いモデルになりますが、とてもコンディションが良くまだまだ現役で活躍できそうでした。
しかしながらソフトがフロッピーディスクと旧式なので、欲しいソフトを探すのがだんだん難しくなってきそうです。

アコースティックのピアノは使っている部品の素材は変化しても永く今の形を変えていませんが、電子機器は日々進化していますから、当時最新式のピアノプレーヤも20年も経つと古さを感じてしまいます。

現在最新型のディスクラビアはネット接続で動作するし、ipad等でコントロールできたりと技術の最先端を行っているような感じがしますが、これも経年で古くなっていくと思うと、不変のピアノって凄いなとも思いますね。
また次世代のピアノと連動する電子機器が開発されていくことも楽しみに思います。

今日思ったこと

ピアノ調律
12 /04 2014
こんばんは。
本日は修理をしていました。


消耗品の交換です。2台分、合わせて528コ、修理、交換をしました。
コツは全鍵分バラつきなく均一に仕上げることです。

最初に就職した会社から次の会社に移った時に修理の仕方が会社によってけっこう違うということがわかりました。結末は一緒でも過程が違うのです。
人間は最初に覚えたやり方が正しいと思ってしまう傾向にあります。

ただ、移った先で前のやり方を通すのはあんまり、スマートではないので、ひとまず同じようにこの会社のやり方でやってみようと思いました。

慣れてくる頃には、いい点悪い点がわかってきました。

このやり方は変だよ!と思ってもまず実際にやって見ることが大事です。
それも一回ではダメ、慣れるまで続ける。判断はそれからだと思います。

一度覚えたものを、出来るのに封印し、ふりだしから別のやり方で始めるのは屈辱やもどかしさを感じます。
ですが、色々な修理方法を知っているということは、財産になります。
ライバルは常に自分です。
そのような経験をしてから、少し頭が柔軟になってきたと思います。


人の修理をよくみて、いいなと思ったことは聞いたり真似たりして、これだとおもったものや、自分なりのやり方を模索して技にしていくのが一番いいのかなと思います。

自分のやり方はコレだ!と決めてもいいけど、もっと良い方法があればあっさり変えるスタンスが必要です。

日々これ精進です。

磨く

ピアノ調律
12 /02 2014
こんばんは。

今日はピアノの整備でした。
弦と弦を止めるチューニングピンをしっかり磨きました。
ピカピカになりました。

サビすぎると弦が切れやすくなるのでサビないようにするのが大事です。
湿度に気をつけてくださいね。

調律時にはこのようなとこもチェックしていますので、定期的に調律するということは、
人間でいうところの健康診断といってもいいでしょう。

疎かにしないで、愛情を持ってメンテナンスしてあげてくださいね。



tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。