FC2ブログ

梅雨も明けて・・

ピアノ調律
07 /15 2009
関東地方がやっと、やっと梅雨明けということでこれから本格的な夏ですね。
今年の梅雨はジメジメした日が続いたので多湿の影響を受けたピアノの修理の仕事が多くありました。
昨日はグランドピアノのダンパーが下りなくなってしまったピアノの修理がありました。
音を止める役割のダンパーが下りないと音は鳴りっぱなしです。演奏ができません。
アップライトピアノは構造上、スプリングでダンパーを弦に押し当てているので、ほとんどこのような症状は出ないのですが、グランドピアノはダンパーの自重で下りるので多湿な環境下ですと、ダンパーガイドレールのフェルトが湿度で膨張してダンパーの動きが鈍くなります。酷くなると上がったままになるわけです。
dampersdhmbo1.jpg
↑上がったままのダンパー 手で動かしてもきついくらいの重傷でした。

dampersdhmbo2.jpg
↑ダンパーを本体から外してくすんでいるようでしたらワイヤーを磨きます。
dampersdhmbo3.jpg
↑膨張したダンパーのブッシングフェルトを正常に戻すために目打ちを熱して下の画像のように処理します。
グランドピアノのダンパーは弦長の長い低音、中音部はダンパーの自重だけでは止音不良になりやすいので、ウェイト(鉛)入っているので、この症状は高音部に多く表れます。
dampersdhmbo4.jpg
スポンサーサイト

新着情報

ピアノ調律
07 /11 2009
アポロピアノの東洋ピアノ製造株式会社の高級ブランド「aizenaha」W70TSというピアノが入庫しました。
SSS機構などアポロピアノRUシリーズと同等の機能を備えております。
aizenahaseyli1.jpg
aizenahaseyli3.jpg
画像はまだ手を入れていない状態ですが傷も少なくコンディション良好です。これから内外装のリニューアル整備を行います。
aizenahaseyli2.jpg
w70ts.jpg
↑こちらはカタログの画像です。赤めの色合いですが、上の現品の画像がイメージとしては最も近いです。

W70TSのページを作成しましたので是非ご覧になって下さい。
http://homepage2.nifty.com/tuner/aizenaha.htm

サイレント(マジックスター)取り付け

ピアノ調律
07 /10 2009
ヤマハのピアノに消音ピアノユニット(マジックスター)を取り付けました。前回はグランドピアノへの取り付け作業をご紹介しましたが、今回はアップライトピアノです。
magicstardsybdfg1.jpg

取り付けたピアノはヤマハのU3系です。マジックスターのアップライトピアノ用はU1タイプU3タイプと2種類あるのでU3用を用意することで特殊な加工をしなくても取り付けることができます。
↓こちらは消音バーという部品です。最初からU3用に合うよう加工されているので取り付けがスムーズに行えます。
magicstardsybdfg2.jpg

このピアノは自動演奏が付いているので、消音の装置と干渉する録音部を取り外します。
magicstardsybdfg3.jpg
↓録音のセンサーを外して消音のキーセンサーを取り付けます。
この作業によって自動演奏は再生専用機になります。(録音はマジックスターの機械で行うことができます。)
magicstardsybdfg4.jpg

コントロールユニットの取り付け
magicstardsybdfg5.jpg

完成です!消音の切り替えスイッチが左側、コントロールユニットとヘッドフォン掛けが右側についていますが、小型ですのですっきりした感じがありますね。
magicstardsybdfg6.jpg

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。