FC2ブログ

商品情報

ピアノ調律
02 /28 2009
meruhennhenn12451.jpg
先日ご紹介しましたメルヘンのアップライトピアノです。外装のクリーニングの整備が完了しました。
テクニクスの消音ユニットを取り付けましたので夜間の練習など音漏れの配慮が必要な時の練習にも役に立つと思います。
販売に関しての詳細は商品ページでご紹介します。ご興味のある方、ぜひともお問い合わせください。
スポンサーサイト

寒い日でも・・

ピアノ調律
02 /27 2009
今日は朝から雪が降っています。とても寒い一日でした。
午前中は宇都宮で調律がありまして行ってきたのですが、調律前の状態でピアノの音程が444Hzと異常に高いので、どうしたものかと悩んでおりました。
おそらく室温が低いので音程が上がっているはずですので、調律中ストーブを焚くと音程は下がると思い、ストーブを焚いて部屋の温度が安定するまで調律以外の作業を先に行いました。
案の定小一時間もすると442~443の間くらいまで下がってきたので調律を行いました。
一般的には調律は音程が下がっていくものですが、温度の低下などで音程が上がってしまうということも稀にあります。
pianonnnnnpan.jpg
午後も雪が降り続き、気温も上がりません。
ピアノの運送屋さんが自宅にアップライトピアノを一台届けに来てくれました。寒く悪天候の中ありがとうございました。
仕事上、買い取ったピアノや修理で預るピアノが1~2台は自宅に入っていて時々運送屋さんが出し入れに来てくれます。修理と言っても塗装やオーバーホールのような大掛かりな作業が必要なピアノは専門の工房での作業になりますが、アクションや鍵盤の修理、オーバーホールが終わった後のピアノのコンディションを安定させるような時は自宅に入れて保管します。
あいている時間に細かく見てあげられるので効率の良い仕事ができます。

消音ユニットの取り付け

ピアノ調律
02 /26 2009
メルヘン(カワイ)アップライトピアノに消音ユニットを取り付けています。
ピアノのタイプは一般的な黒いピアノなのですが、脚が猫脚になっています。猫脚のデザインは木目のピアノとの組み合わせが多いのですが黒のピアノにも合いますね。脚一つでイメージが全く変わります。

meruhennsdgivmu2.jpg


meruhennsdgivmu.jpg
消音ユニットはテクニクスを取り付けています。
弾きやすいタッチと柔らかい音色が気に入っていろいろ手を入れています。外装も中古ピアノの再生工場で塗装修理を行っておりますので完成しましたらまた御紹介させていただきます。


ピアノ調律
02 /24 2009
今日は栃木県北部にある那須塩原市で調律とピアノプレーヤの修理の仕事でした。
ここ数日は横浜、所沢、都内など関東地区各方面に出張しております。
nsiuklgvhmdiud.jpg
ピアノプレーヤは電子機器ですが、メンテナンスや修理も調律師の仕事です。
最近新製品のピアノプレーヤが発売されましたので、最新の機能、性能を早く体験してみたいです。

電車内にて・・

ピアノ調律
02 /22 2009
電車に乗っていると、知らない人から話しかけられることがありますよね。(ないですか?普通はないですね)
所沢での仕事が終わり、池袋方面への西武池袋線(準急)に乗ったところでした。ふと隣の人が私に「この電車は大泉学園は止まりますか?」と尋ねてきたのです。突然だったので(どうだったかな~??)と悩みましたが、確か準急は石神井公園と練馬に止まるんだったなと思い、「止まらないですよ!」と答えてしまいました。実は止まるんですよね。ごめんなさい。
その人が降りてすぐに扉が閉まってから冷静に考えたら間違いに気づき、申し訳ないのと、周りにも人がたくさんいたのできっと皆(適当なこと教えちゃって~)と思っているだろうな、と恥ずかしい気持ちでした。
尋ねやすいタイプに見られるのでしょうか、よく話しかけられるような気がします。
そのような時は出来るだけお応えしたいのですが数年前、出張で名古屋へ行ったときに乗り換え方法について尋ねられたときはさすがに答えられませんでしたね。逆にこっちが聞きたいくらい迷っていたので。「関東から今日はじめて名古屋に来ました。ごめんなさい。」って答えました。

学校のピアノ調律

ピアノ調律
02 /20 2009
今日は雨降で寒い一日でしたね。私は横浜市内の私立高校で一日ピアノの調律に行ってきました。
音楽室、視聴覚室、体育館と全部で3台のピアノを調律します。一日がかりの仕事ですが雨降でも移動がないので助かります。
gakkounochouritugsdfbmj1.jpg
この季節の体育館のピアノ調律は寒さとの戦いでもあります。
今日は先生が大変気を利かせてくださってストーブ二台も用意していただきました。感謝感謝です。

クリスタルグランドの調律、整備

ピアノ調律
02 /19 2009
これはなんでしょう?
kurisutaru1.jpg
グランドピアノの拍子木と呼ばれる部品です。透明です。

kurisutaru2.jpg
↑こちらはグランドピアノの大屋根です。ピアノから取り外しました。

kurisutaru3.jpg
↑今日は先日入庫したカワイのクリスタルグランドピアノの調律と外装のクリーニングなどの作業を行いました。このようなピアノを取り扱う機会は滅多に無く、貴重な体験の連続です。
とにかく透明なので透けています。表面をきれいにしても裏が汚れていたらすぐに分かりますので黒いピアノの倍くらい気を使います。

kurisutaru4.jpg
↑丸一日かかりましたが作業完了です。

kurisutaru5.jpg
↑これでも鍵盤蓋が閉まった状態なんですよ!

kurisutaru6.jpg
↑リアビュー


グランドピアノ大屋根修理

ピアノ調律
02 /17 2009
今日は先日修理の見積もりに伺った中学校の音楽室のグランドピアノの大屋根の修理に行ってきました。斜めに開くグランドピアノの大屋根は二カ所の蝶番が付いていますがそれの一つが破損してしまい開閉することができない状態になっていましたのでその修理です。
gurandoshuuri1.jpg
↑屋根を取り外した状態です。
gurandoshuuri2.jpg
↑こちらが取り外した屋根。片方の蝶番がネジから抜け落ちてしまっています。
屋根を外すのは一人では無理なので二名での作業です。
guranndoshuuri3.jpg
↑ネジ穴が大きく開いてしまっているので埋め木をします。

guranndoshuuri4.jpg
↑屋根の埋め木の接着剤が固まるまで調律です。

guranndoshuuri5.jpg
↑約2時間が経過して調律の作業も完了しました。屋根に新しい蝶番を取り付けました。

guranndoshuuri6.jpg
↑修理の内容は壊れた蝶番の交換だけの予定でしたが、譜面板の部品の欠損、屋根の突き上げ棒側のがたつきなど、当初の予定外の修理の必要でした。外装を分解取り外してはじめてわかる修理箇所も多いので必要と思われる最低限の部品は常に持ち歩かなければなりません。
最後に屋根を元通りピアノに取り付けて、開閉と強度に問題が無いかの確認をして修理完了です。

いよいよ登場ですね、次世代サイレントアンサンブル

ピアノ調律
02 /12 2009
dhisukurabia1.jpg
3/16にヤマハから発売される新製品のサイレントアンサンブルピアノ、その名も「ディスクラビア」です。
まだ詳しく仕様など調べていませんが気になるメディアは記録型CDのようですね。いよいよヤマハピアノプレーヤからFDが消滅する時代が近づいて来たのかと思うと寂しい気もします。
ヤマハの新製品情報を見ていて気になったのが「ビデオ同時録画機能」です。これは何なのでしょうか?カメラ機能が搭載されているのでしょうか。仕様を見てみても今のところ詳しくは分かりませんでした。今後多方面から詳細な情報を仕入れたいと思います。それより早く現品を見てみたいです。

ディスクラビアはアップライトで9種類のようです。メーカーの商品ページはこちらです。
価格は1,302,000円(税込)からですのでけっして安くはないですが、気持ちとしては普及して欲しいですね。
今後新しい情報を得ましたらご報告します。

ルーズピンの修理

ピアノ調律
02 /09 2009
meipurusdrnjuo1.jpg
今日は都内某所のライブハウスでの調律と修理がありました。
修理の内容は緩くなってしまったチューニングピンの交換です。弦には大きな張力がかかっていて、それをチューニングピンで支えています。チューニングピンはピン板と呼ばれる厚い板に刺さっているのですが、それが何らかの理由で緩くなってしまうといくら調律をしても音程が合わなくなる、いわゆる「ピンズル、ルーズピン」になってしまうことがあります。
経年劣化の他、過乾燥などで起こります。

今回は低音の弦数本のチューニングピンを交換しました。
meipurusdrnjuo2.jpg
古いチューニングピンを抜き取ります。ほとんどトルクが無いのでユルユルです。この時気をつけたいのが弦を切ってしまわないように慎重に弦をピンから外します。低音弦は切れてしまったらすぐには新しい弦を用意できないのでとても気を使う作業です。

meipurusdrnjuo3.jpg
新しいチューニングピンを打ち込んで弦を巻いて音程を合わせます。
元のチューニングピンは径6.9mmでしたが、新しいピンは7,2mmを使いました。わずか0.3mm太くしたのですが、かなりきつくなりました。音程も安心できる保持力です。
今回のピアノは過乾燥によるピン板のやせが原因と考えられるので、単純にチューニングピンを大きいサイズに差し替えれば解決します。
ですが、これがピン板の割れになるとすべての弦をはずしてフレームも持ち上げてピン板自体をそっくり交換しなければならない大修理になることもあります。大手メーカーのピアノでしたら耐久性もあり滅多におこる故障ではありませんが、やはり普段の保管環境を最適にすることでピアノを永く良いコンディションに保つことが出来るのではないかと思います。

レンタルピアノの仕事

ピアノ調律
02 /07 2009
siroganesdfnsuio1.jpg
今日は結婚式の開場へのピアノの貸し出し(レンタル)と調律の仕事がありました。
白金台近くの式場です。
イベントなどで一日単位でのレンタルの依頼が時々あります。結婚式では式のスケジュールが細かいのでピアノの搬入の時間帯など細かな指定に合わせなければならないのが緊張するところです。

siroganesdfnsuio2.jpg
ピアノ配送の方はいつものように時間通りに来てくれました。

siroganesdfnsuio3.jpg
搬入から調律作業と全て予定通りに作業することが出来ました。
今回のピアノはヤマハのUX3という黒の縦型のピアノです。黒いピアノはどのようなイメージになるか気がかりでしたが、特に式場の雰囲気にも悪い印象は無いようでした。




子守当番

ピアノ調律
02 /05 2009
週に3日、月曜日、水曜日と木曜日は夕方早く帰宅しなければなりません。妻がピアノレッスンの仕事で出かけるので私は4時までに帰宅します。子供がまだ小さいので子守をします。
子守といってももう上の子は5歳と下は3歳ですのでお風呂にいれてやって、晩御飯を一緒に食べれば済む程度のことですが・・それでも留守番させるにはまだまだ小さいですので親が付いていて上げなければなりません。
週3日夕方4時までに帰らなければならないのは実は結構大変です。調律だったら午前、午後と2件伺えればいいほうで、遠方でしたら一件しか伺えないときもあります。終わったら急いで帰ってギリギリセーフといった感じです。
調律の依頼が多いときなどは、お客様をこちらの勝手な私用の都合でお待たせしてしまうわけなので正直悩むこともあります。
自営業ですので会社勤めとは違って時間の融通が利きやすいので育児や家庭のことも手伝うことが出来ることはありがたいことなのですが・・
忙しい時などは仕事のことだけに専念したい!って思ってしまうこともありますね。

グランドピアノ修理の依頼

ピアノ調律
02 /04 2009
今日は午前中市立の中学校からグランドピアノの修理の見積依頼があり伺ってきました。
公立の学校は地域の楽器店とのつながりが強いので私のような個人の調律師に仕事の依頼が来ることはほとんど無いのですが、今回は音楽の先生のご自宅のピアノの調律でお世話になっていたということで、ありがたいことに修理の依頼がありました。

音楽室のグランドピアノの屋根(斜めに開閉する屋根です。)をピアノの本体側に固定している大きな蝶番が一つ折れ曲がって壊れています。普通に開け閉めしていて壊れる部品ではないので、おそらく何らかの大きな力がかかったと思われます。
このまま屋根を開けたら屋根が落ちてしまいます。とても危険な状態なので修理をすることになりました。
曲がってしまった大きな蝶番は真鍮製で、これを元通りにすることは出来ないので、メーカーから新品を取り寄せます。古いグランドで40年は経っていますが、部品などはメーカーから問題なく入手可能なところはさすがヤマハですね。
部品が届いてからあらためて修理に伺いますので今日のところは屋根の開閉厳禁をお願いして帰りました。

アポロRU388W完成しました。

ピアノ調律
02 /03 2009
applodmgol.jpg
しばらくカタログからの引用画像でご紹介しておりましたアポロのRU388Wのオーバーホールが完成しました。独特のデザインですね。このピアノは鍵盤蓋の構造も特殊で蓋を開けたら奥にスライドして収納します。
グランドピアノと同じ機能の鍵盤シフト機能もこの機種の特徴です。
左のペダルを踏み込むと鍵盤、アクション一式が右にスライドします。この機能の為にダンパー一式とアクションが独立した構造で、アクションもブラケット無しです。
applodmgol2.jpg
弦を張り替えているので新品同様の音色の柔らかさは満足できます。

apllosdfjviom.jpg

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。