カワイクリスタルグランド

ピアノ調律
12 /15 2008
珍しいピアノが入庫しました。
カワイのクリスタルグランドピアノです。現行モデルはCR40という品番で確か特注品だったかと思いますが、こちらのピアノはKG3がベースで製造から25年くらいのモデルです。
KG3Csnhivgsyiuvgo.jpg
ピアノとしてはどのようなものかな?とそれほど期待はしていなかったのですが、結構鳴りの良いピアノで良い印象です。大屋根をあけてみようとしたところ、ものすごく重いのです。外装の素材はアクリル?ABS樹脂でしょうか。木材のピアノの屋根より重量があり、3タイプのピアノですがフルコンの屋根を開けるくらいの力が要ります。
KG3の頃ですとアクションが樹脂化する前なのでほとんど木製の部品を使っているのが安心できるところです。
弦の錆が出ているので出来たら弦の張替えも含めたオーバーホールをしたいと考えています。
スポンサーサイト

フェンダーローズ

ピアノ調律
12 /05 2008
上田市での仕事は「音楽工房カエルブルウ」様でご購入いただいたディアパソングランドピアノの調律でした。弦を張り替えての納品でしたのでしばらくは音の狂いの幅も大きいですが、今回3回目の調律でだいぶ安定してきている事を確認一安心と調律も無事に終わり帰って来ました。
昨日の携帯からのブログの投稿はリアルタイムな情報を掲載できて便利な所もありますが、写真も携帯からなので少々見づらくなりますね。画像のサイズなどはもうちょっと研究が必要なようでした。

ところで先日都内のライブハウスでアップライトピアノの調律をしていた最中、オーナーさんが備品のフェンダーローズの調整をしていました。
rose1.jpg

この楽器はピアノではないので、このままでは音はほとんど聞こえません。アンプを通して演奏する楽器です。昔ヤマハも「電気ピアノ」なるものがありましたが、それもこのフェンダーを参考にしているようにも見えます。
rose2.jpg
↑低音側のアクションです。ちょっと覗き込むと針金のような物の先端にスプリングが付いています。このスプリングの位置を調整することで音程を変えること(調律)が出来ます。奥にすると低くなり手前にすると高くなります。
アコースティックピアノと比べるとシンプルな構造のアクションですが、ハンマーのエスケープ機構もあり、打鍵後すぐに次の打鍵に備えられるような仕組みになっています。ダンパーフェルトもあります。金属の板は共鳴板との事でした。
rose4.jpg
マークⅠというモデルで初期の貴重な楽器だそうです。

テストです。

ピアノ調律
12 /04 2008
20081204085603
今日は長野県の上田市で仕事があり新幹線へ乗り換えるので大宮駅にいます。
待ち時間がだいぶあるので携帯からのブログの更新を試してみました。
画像がどのように表示されるだろうか・・

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。