FC2ブログ

ライブハウスにて

ピアノ調律
06 /30 2007
学芸大学駅そばにあるライブハウスでの調律でした。
ピアノを入れるライブのある日に呼ばれて調律をしています。
今日は蒸し暑く、空調の入る前の作業だったので大変な作業になりました。暑いのは我慢するしかありませんが、ライブの時はエアコンが入りますから室温が下がった時のピアノのコンディションの変化を考えながらのピアノの調整は気を使います。
IMG_1619.jpg


そういえば朝、東急東横線の渋谷駅構内がかなり混雑していました。よく見ると何かのセレモニーなのか、電車や車掌さんたちが大勢の一般の人に囲まれています。多くの人が写真を撮っていましたので、きっと何か特別な日だったのでしょうね。時間があれば見てこようかと思ったのですが、調律に入る時間が迫っていたのであきらめました。
スポンサーサイト

バランスピン磨き

ピアノ調律
06 /29 2007
鍵盤の中央にあるバランスピンという部品です。ここに鍵盤が一本づつささってちょうどシーソーのような形になっています。
このピンは真鍮やニッケルメッキピンでできていて、経年変色などで艶が失われて鍵盤の動きに支障が出てきます。
研磨剤などで磨くとピカピカになり、肌触りも良くなるので鍵盤の動きをスムーズにするには必要な作業です。でも、とても手間のかかる作業です。
IMG_1617.jpg

調律

ピアノ調律
06 /28 2007
先日ご紹介していたアポロのRU385Wをご購入いただくことが決まり、昨日運ばれていきました。そしてそのピアノと入れ替わりにカイザーのアップライトピアノK30が入りましたのでその調律です。
K30はカイザーのピアノの中では後期のモデルでヤマハのU30と同じピアノです。
IMG_1616.jpg

さっそく調律をしました。

グランドピアノが高い?

ピアノ調律
06 /27 2007
久しぶりの更新です。いつもご覧頂いている方には申し訳ないのですが通常の調律の仕事が続くとあまり新しい話題が無くついつい更新をサボってしまいがちです。
ここのところ、グランドピアノの購入を検討されている方からのお問い合わせが多くなりました。以前も書きましたがヤマハの新品が大幅な値上げになって、新しく状態の良い中古のグランドを探す方が増えているようです。しかしながら新しくコンディションの良いグランドは数が少ないのでなかなか良いお返事をすることが出来ないので心苦しく思っています。
逆に古いグランドは多くあるので、これらをオーバーホールして使用されるという方法もあります。完全なオーバーホールをしても新品の半分程度の価格なので割安感もあるかもしれません。

こちらが本業?

ピアノ調律
06 /22 2007
時々ですが中古の管楽器も取り扱っています。サックスやクラリネットが数台入ったので検品をしてきました。
kenpin.jpg

学生の頃は吹奏楽部にいたこともあり、管楽器に携わる仕事をしたいと考えたこともありましたので、時々でも仕事中に楽器を吹けるのは嬉しく思います。
今日は一日本格的な雨でした。明日はピアノの納品と調律で千葉県の八千代市まで行ってきます。雨の少ない梅雨なので雨は降ってほしいけれど、ピアノの搬入の時だけでも晴れてくれるとありがたいです・・

フィンガード取り付け

ピアノ調律
06 /19 2007
梅雨の季節とは思えないほど良い天気が続いています。毎日暑いので調律に行くたびに汗だくになるのがこの季節の悩みです。
今日は小さいお子さんが鍵盤蓋で指を挟まないようにと、鍵盤蓋がゆっくり閉まる装置「フィンガード」を取り付ける作業がありました。
fin1.jpg


fin2.jpg

取りつける位置(前後)で閉まるスピードが変わります。位置によって効果が違うので貼り付けるときが最も緊張します。強力な両面テープでの取り付けです。
ちなみに学校用などハードな使用に耐えるタイプの木ねじ取り付けタイプもあります。

RU385W

ピアノ調律
06 /18 2007
先日ご紹介しましたアポロのピアノRU385Wを自宅の一室に運び入れました。仕事の空いている時間に調律等の作業をしようと考えていたのですが弾き易いピアノですしデザインなども気に入っているので手放したくなくなってしまいました・・しかし、そういうわけには行きませんので嫁ぎ先が決まるまで大切に保管しておきます。
ru.jpg

晴れてよかった・・

ピアノ調律
06 /15 2007
昨日から梅雨入りとのことでしたので、気が気でないことがありました。
今日は都内でアップライトピアノの大掛かりな搬入作業がありました。搬入先の建物の位置などの関係で大型の重機を使用しなければなりませんでした。今回使用した重機は22tラフターでクレーンの中でも大きな重機です。
juuki.jpg

作業には一時間ほどかかるので、雨降りだったらどうしようかと数日前から心配しておりましたが、思いもよらない快晴(しかも東京は夏日)で搬入作業には最適な状況で助かりました。
juuki2.jpg

クレーンのアームを目いっぱい伸ばすと、アップライトピアノが空高く遠くに見えます。
このような作業の時はいつも思うのですが、建物や電柱などすれすれにアームを伸ばして指定した位置に吊り下げるクレーンオペレータの技術はすごいなと感心させられます。

ピアノ調律
06 /14 2007
関東地区が梅雨入りしたそうです。しばらくじめじめした季節になりますが、ピアノにとっても厳しいきせつで、音がこもったり、鍵盤が重たく感じたりすることがあります。湿気対策を万全にしましょう。
中古のピアノで新しくて綺麗なピアノが入りましたのでご紹介します。アポロのRU385Wというモデルで現行品なのでアポロのホームページでも詳細をご覧いただけます。
東洋ピアノ製造 RU385W

apollo1.jpg


もしご興味のある方がいらっしゃいましたらお問い合わせください。

暑い一日でした

ピアノ調律
06 /12 2007
今日は暑い一日でしたね!また調律には厳しい季節がやってきます。
先日から鍵盤とアクションを預かって修理をしていた、ピアノの調律に埼玉の小手指まで行ってきました。
鍵盤のブッシングクロスを全て張替えたので、調律の作業に入るまでの調整に時間がかかります。キープライヤーという工具でクロスの厚さを調整します。厚いと鍵盤が上がらなくなりますが、薄いとガタツキが出て、張替えた意味がなくなってしまうので、慎重な作業です。
2007612.jpg

完了

ピアノ調律
06 /08 2007
今週作業を進めていたグランドピアノの修理は無事に終わりました。
外装のクリーニングや弦の張替えが昨日までに終わり、今日はアクションの整備です。ハンマーの弦跡をファイリングという作業で整形しています。
atorasugp11.jpg


週明けに梱包、出庫の予定で大阪への納品です。
atorasugp12.jpg

修理の続き

ピアノ調律
06 /07 2007
atorasugp1.jpg

atorasugp2.jpg

グランドピアノの修理を今週は進めています。仲間の調律師と二人で作業をしているので予定より作業が進んでいまして、昨日まで弦の張替え、外装のクリーニングなど完了しました。
次高音部分のベアリング(フレームの一部)が取り外せる構造になっているピアノです。
atorasugp3.jpg

この部品の裏側のベアリングという部分に弦が当たるので、経年摩滅して音色が劣化します。摩滅した部分を整形して弦を張りなおすと新しい音色が生まれます。

グランドピアノ弦の張替え

ピアノ調律
06 /06 2007
今週は月曜日は調律の仕事でしたが、昨日からグランドピアノの整備と弦の張替えをしています。
atorasugp.jpg

仕上げる期限か決まっているので今週は忙しくなりそうです。帰りが遅くなるので、仕事に出かける前にブログの更新です。
今回の修理は珍しい構造のピアノなので詳細をまとめて後日ご紹介したいと考えております。

鍵盤ブッシングフェルト張替え

ピアノ調律
06 /03 2007
bussing.jpg

アップライトピアノの鍵盤ブッシングフェルトの張替えをしています。鍵盤はたくさん弾くことで鍵盤のフロント部分とセンター(バランスピン)部分のフェルトが摩滅してきてガタ付が出てきます。そうするとだんだんタッチが悪くなってきますので、新しく張り替える必要があります。
上の画像は古いフェルトを蒸気で温めてはがし取っています。

bussing2.jpg

新しいフェルトを専用のジグを使って貼っていきます。根気のいる作業です。

昨日NHK教育テレビで調律師の仕事を取り扱った番組が放映されていましたがご覧になりましたでしょうか。若い人向けに色々な職業を紹介する番組のようでした。
自分も毎日同じようなことをしていますが、調律師の仕事の良いところばかりでなく、厳しいところも紹介していたのでおおむね良い番組と思いました。

バットスプリング修理

ピアノ調律
06 /02 2007
フレンジコードの劣化に伴う張替え修理の際、ごく稀にフレンジコードをかけるバットスプリングという金属の部品が折れて取り替える修理があります。
この部品は滅多に折れることが無いのですが、フレンジコードが切れたまま演奏を続けることによって、開放されたスプリングがダンパーにぶつかることによって折れることがあります。
修理の様子↓
supurinngu.jpg

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。