珍しい故障

ピアノ調律
02 /28 2007
しばらくブログの更新をサボってしまいました。それほど仕事が忙しかったわけでもないのに、、すみません。仕事が暇だとブログの話題も乏しくなってついつい更新を怠ってしまうのです。
先日、ピアノの音が急に一つだけ出なくなったという修理の依頼がありました。原因はいくつか考えられるのですが、今回は珍しい症状だったので紹介します。
IMG_1024.jpg

鍵盤を押した時にハンマーを動かすジャックという木製の部品が折れてしまっていました。そのため鍵盤を押してもアクションが動かない状態でした。
この部品はかつては木製でしたが、力のかかる部品のため現在では強度のある樹脂製の部品を採用しているメーカーが多いです。
木製でも折れてしまうことは少ないと思います。
スポンサーサイト

ピアノ調律
02 /27 2007
先日グランドピアノのベース弦が一本多く張られているピアノをご紹介しました所、音の響きを豊かにする為の設計というコメントを頂きました。ありがとうございます。
ピアノはアポロのA35というグランドピアノで30年ほど経つピアノです。
カワイのアップライトピアノにも同様の設計がありまして画像の下のリンクをクリックしていただくと詳細な説明がご覧いただけます。(別のページにリンクします。)
US50.jpg

砂田ピアノ調律事務所ホームページ

雨ですが、、

ピアノ調律
02 /23 2007
今日は朝から雨が降っていますが、花粉症の症状がひどくなるこの時期は雨天の日は症状がほとんど出ないので本当に助かります。

ピアノプレーヤ修理

ピアノ調律
02 /22 2007
HQ100IMG_1019.jpg

HQシリーズのピアノプレーヤの修理で多い症状がコントロールパネルの液晶が表示されなくなることがあります。表示が出ないのに演奏は出来るというときは液晶パネルの故障です。
新しい部品に交換することで直ります。
IMG_1018.jpg

↑左が新しい液晶パネルです。コントロールユニットを取り外すので駆動部品のフロッピーディスクドライブ(以下FDD)も交換することにしました。
20070224133113.jpg

屋根かコントロールユニットを外して、古いFDD 基盤 樹脂製のブラケットを外しますと、液晶パネルを交換できます。
20070224133122.jpg

左が新しいFDDです。薄型FDDのサイズが違うのでスペーサーを取り付けたりブラケットも交換が必要など結構手間のかかる作業です。

部品の価格は液晶パネルが¥11,000、FDDが¥13,000程度です。
少々高めですね・・・

グランドピアノ

ピアノ調律
02 /21 2007
IMG_1005.jpg

アポロピアノのA35という大きなグランドピアノです。ヤマハのG5より一回り大きいサイズです。レンナーアクションを採用していて軽やかなタッチ感があります。音のボリュームもあります。

NHK プレミアム10

ピアノ調律
02 /20 2007
19日の夜NHKで放送されていた「プレミアム10」という番組をみました。
「ピアノ華麗なるワンダーランドへようこそ」というタイトルです。
ピアニストの方が演奏を披露しているところは7台のピアノで連弾するなど見ごたえがあったと思います。
グランドピアノを分解したり側板に穴を開けて内部のアクションの動きを見せたりするところはピアノの仕事に携わっている者が見てもとても興味深いものでした。

この弦は?

ピアノ調律
02 /19 2007
aporo.jpg

ある国内メーカーのグランドピアノを調律していましたら不思議なことに気が付きました。最低音の「ラ」の弦の下にもう一本弦が張ってあります。写真は見難いですが鍵盤やハンマーは付いていないので、その弦を叩くことはできません。いったい何の為の弦でしょうか?指ではじいいてみたら「ラ♭」でした。鍵盤が無いので調律も面倒ですよね。

小口交換

ピアノ調律
02 /18 2007
koguchi.jpg

ヤマハピアノの鍵盤前面(小口)は経年劣化で変色しますので塗装処理や張替えをします。変色がわずかな時は塗装で対応しますが、ほとんどの場合は張替えます。

嬉しかったこと

ピアノ調律
02 /17 2007
調律でお世話になっているピアノの先生の生徒さんから調律師になりたいと昨年からご相談を受けていたのですが、今日ヤマハのピアノテクニカルアカデミーに合格したと連絡がありました。
私が研修を受けていた頃と比べて募集人数も少なかったので不安が大きかったのですが、無事に合格されたということで大変嬉しく思いました。一年間の研修で基本的な調律の技術や知識ほか様々なことを学ぶので研修は楽ではありませんが卒業後はヤマハの調律師として活躍できるよう頑張ってほしいと思います。

ウォルナットの綺麗なピアノプレーヤ

ピアノ調律
02 /16 2007
MX300R.1.jpg

ヤマハピアノプレーヤMX300MRという機種です。傷など少なく良好なコンディションです。

演奏動画(ピアノプレーヤ再生)を用意してみました。
エレクトリカルパレード  1Mbps
ナローバンド向けの動画も用意しました。上記の動画がスムーズに再生されない場合はこちらをご覧ください。
エレクトリカルパレード  512kbps

ヤマハアップライトピアノアクション修理

ピアノ調律
02 /15 2007
UX1.2.jpg

ここのところヤマハピアノのアクションの修理が多くなりました。
経年劣化でフレンジコードという部品が切れてしまいます。またブライドルチップという部品(鹿皮)もパリパリ割れてしまうので張替えが必要です。アクションからハンマーを取り外して修理しますので、一緒にハンマーのファイリングも行います。細かい作業ですが、なれると2~3時間で作業できます。

2台調律

ピアノ調律
02 /14 2007
今日は午前中調律一件と午後からはピアノの先生ご自宅のグランドピアノの調律でした。
レッスン室にはボストンのグランドピアノが二台並んでいます。ピアノはどちらも178という機種で製造番号も連番です。
午後半日お時間を頂いて2台調律します。このような調律で最も気を使うことは二台とも同じコンディションに仕上げなければならないということです。ピッチはもちろん同じにあわせます。
途中休憩を挟んで4時間かかりましたが、無事に作業は完了しました。

きてます!

ピアノ調律
02 /13 2007
きてますよね。花粉症。。
のどのかゆみと鼻のムズムズがありまして、「あれっ風邪かな?」と思いましたが、外に出ると目もかゆくなるので、これは間違いなく花粉症のようです。
暖冬のせいなのか今年は早く始まっているように感じますが、また嫌な季節がやってきてしまいました。

ピアノ調律
02 /12 2007
bechstein1.jpg

bechstein3.jpg

↑古いべヒシュタインのグランドピアノです、上の二枚の画像は塗装の修理を施す前のものです。
↓大手のピアノ製造メーカーへ全塗装他修理に出していましたが、生まれ変わって帰って来ました。上の二枚の画像と下の画像のピアノは同じものです。
bechstein2.jpg

グランド修理もほぼ完了

ピアノ調律
02 /11 2007
今日も一日グランドピアノの修理でした。ほぼ修理は完了しまして、あとは外装のクリーニングなどを行う予定です。
ハンマーはファイリングをしただけなので音を出してみたところ、だいぶ固めの音色でした。整音が必要のようです。

kimball

ピアノ調律
02 /10 2007
kimball.2.jpg



kimball.1.jpg

先日ボールドウィンのピアノを紹介しましたが、このピアノは同じくアメリカ製のキンボール(kimball)です。小型で家具調のタイプが多いですね。

暖冬

ピアノ調律
02 /09 2007
暖かい日が続きますね。東京で雪の降らない冬としては記録的な年になるそうです。
毎年、冬場は営業車のタイヤをスタッドレスに履き替えていますが、今年は活躍せずに終わりそうな気がします。
つい先日、営業車の走行距離が18万㌔を超えました。7年目のカローラワゴンですが故障も無く距離を走っているとは思えない位良好です。よく普通車の寿命は10年、10万㌔といわれますが、今の車は品質が良いのでしょう、あまり参考にならないようです。
まだまだ長く乗る予定です。

グランド修理

ピアノ調律
02 /08 2007
IMG_0986.jpg

ここ数日は日中は調律に出て、夕方からグランドの修理の続きというスタイルでしたが、今日は朝から修理を進めています。
ヤマハピアノの特徴?でしょうか、白鍵の鍵盤前面は経年劣化して変色してしまいますので塗装で処理するか張替えます。画像は剥がした鍵盤です。これから新しい小口を張ります。
IMG_0987.jpg

ダンパーも取り付けましたのでアクションの修理は途中ですが、とりあえず音を出してみたかったのでアクションを入れてみました。ハンマーは今のところ整形のみですので、整音が必要です。

ハンマーファイリング

ピアノ調律
02 /07 2007
IMG_0985.jpg

グランドピアノの修理でハンマーのファイリングを行いました。弦の跡の付いたハンマーを整形する作業です。ハンマーをアクションに取り付けたまたペーパーで削ることが一般的ですが、フェルトの屑もアクションに入り込みますし整形したハンマーには角度が付いてしまうなど精度が欠けるので、ハンマーは一度取り外してストーンファイラーという工具で整形しています。
ハンマーは一つおきに外します。再度取り付ける際にハンマー間隔の狂いを少なくするためです。
failing.2.jpg

ハンマーを取り外す手間はかかってしまいますが綺麗に整形できて角度も付かないので良い仕上がりになります。

IMG_0983.jpg

整形したハンマーを取り付けました。これから整形するハンマーと比べると形たちだけでなくフェルトの新しい面が出るので見た目も綺麗です。

月曜日は早く帰ります!

ピアノ調律
02 /05 2007
月曜日は遅くとも午後3時までには帰ります。なぜなら夕方から妻のピアノのレッスンが自宅で始まるので、私は子供をつれてどこかへ出かけなければならないからです。
天気の良い日は公園へ。雨の日は夕飯の準備のためにスーパーへ買い物に。
今日は暖かいし、天気も良いので公園ですね。

寒い中・・

ピアノ調律
02 /04 2007
朝から風の強い寒い一日でした。そのような中ピアノを試弾されにお客様がお見えになりました。
綺麗なショールームではなく、ピアノの整備工場にご案内するので、このような寒い日はとても申し訳なく思います。
午前中2時間ほど数台のピアノを弾き比べて、その中から気に入ったピアノを選んでいただくことができました。私も調整、調律をしていて「コンディションの良好な良いピアノだな」と感じていたピアノでしたので嬉しく思いました。
午後からは消音ユニットの取付やアクションの修理を行いました。
seibi.5.jpg

アクション修理の様子 フレンジコードの張替えをしています

磨いています。

ピアノ調律
02 /03 2007
IMG_1049.jpg

中古ピアノの修理は内部の部品の交換や調整だけではなく、外装も綺麗に仕上げなければなりません。
防塵マスクを装着してポリッシャーで研磨して仕上げます。
この防塵マスク、花粉症対策にもいいかも・・
でも、このかっこうで外は出歩けないですね。
IMG_1050.jpg

深い傷がある場合は耐水使用のサンドペーパーである程度傷を落としてから仕上げます。

ウェイト?

ピアノ調律
02 /03 2007
1830.jpg

グランドピアノのハンマーシャンクに事務用品のクリップと思われる金属部品がすべてのハンマーシャンクに取り付けてありました。
ハンマー交換まで含めたオーバーホールをされたグランドピアノでしたので、おそらくウェイトの調整のために取り付けたのではないかと思われます。この状態で快適なタッチが得られているので何も問題は無いのですが面白い方法を考える技術屋さんもいるのだなと感心しました。
1831.jpg

このような後付けようの鍵盤鉛もあります。こちらはハンマーに取り付けるのではなく、鍵盤の奥に乗せるタイプです。取り付ける位置の前後で重みを調整します。

気が付いたら・・

ピアノ調律
02 /02 2007
気が付いたらもう二月に入っていました。新年がスタートして一月はあっという間に過ぎたような気がします。
今日、調律が終わって領収書を書く時につい日付を「1」月と書いてしまい、あわてて1の字をうまくごまかすように「2」に書き直しました。

張弦の続き

ピアノ調律
02 /01 2007
e30.jpg

注文していたベース弦が届きましたので今日張弦して全ての弦を張り終えました。あとはアクションの修理を残すのみです。

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。