FC2ブログ

グランドピアノオーバーホール

ピアノ調律
01 /31 2007
e28.jpg

グランドピアノの修理をしています。消耗したダンパーフェルトを新しく張替えます。フェルトをダンパーのサイズに合わせてカットしていきます。
e29.jpg

全て張り終えました。新しい真っ白なフェルトはやっぱり良いですね。
スポンサーサイト

ダンパーの修理

ピアノ調律
01 /30 2007
IMG_0963.jpg

しばらく弾いていなかったというグランドピアノのダンパーがほとんど下りてこないという修理をしています。ダンパーワイヤーのスティックのみではなく、アクション奥に取り付けられているダンパーアッセンブリー(画像)のジョイント部分がほとんどスティックしていました。潤滑剤だけでは直らないので一つずつ取り外してセンターピンを差し替えます。

黒鍵が・・

ピアノ調律
01 /29 2007
IMG_0962.jpg

お客様宅で調律をしていたらいくつかの黒鍵が打鍵する度に「ぽこぽこ」と変な音がするのでよく調べてみると木部と樹脂の黒鍵が剥がれかけていました。カワイの新しいピアノでしたがおそらく製造時での接着剤が足りなかった等が原因ではないかと思います。
お客様はとても心配されていましたが、きちんと再接着すれば問題の無いことですのでご説明して十数か所貼りなおしました。

カイザーグランド

ピアノ調律
01 /28 2007
IMG_0951.jpg

今日は日曜日で仕事はお休みを頂きましたが、ヤマハカイザーの新しいグランドが入庫したので検品に工場まで行ってきました。
87年製のG2Aと同型であまり使われていなかったのかコンディションがとても良いのです。これから調整や整備を行いますがどのような仕上がりになるか楽しみです。
エテルナのグランドは中音から高音までは弦を張り終えました。注文している巻線がまだ届かないのでとりあえずダンパーフェルトの張替えや鍵盤のブッシングフェルトの張替えなどの作業から進めて行こうと思います。

調律

ピアノ調律
01 /27 2007
今日は午前中和光市、午後からは川越市で調律の仕事でした。移動に1時間予定をしていたのですが、和光市から川越市まで思っていたより距離があったのと渋滞しているところが多く、お客様宅には30分の遅刻でした。約束の時間に間に合わない旨電話で了解を得ましたが、もしかしたらお客様も他の予定があったかもしれないので申し訳なく思います。やはり高速道路を使ったほうがよかったかな・・(関越道練馬→川越)反省です。

張弦

ピアノ調律
01 /26 2007
e26.jpg

毎日修理に没頭できれば作業も早く進むのですが、調律の仕事や営業の合間に作業しているので、このようなペースです。しかし今日は一日修理をすることができました。一気に作業を進めよう!
黙々と弦を張っていきます。

e27.jpg

弟子・・いや調律師のスタッフにも分担して作業を手伝ってもらい張っています。
おかげで芯線はほぼ終わりです。注文を出したベース弦はまだ届いていないので今日はここまで。お疲れ様でした。・・腰が痛いです。。
明日は調律で一日出かけます。午前中、埼玉県和光市。午後は川越市。夕方巻線が届いていたら張弦の続きを。できるだろうか。

張弦準備

ピアノ調律
01 /25 2007
e23.jpg

フレームを乗せてボルトを締めて弦を張る準備を進めます。チューニングピンを打ち込むフレームの穴にピンブロックを入れていきます。
e24.jpg

ピンブロックを全て入れたらチューニングピンを打ち込む為にドリルで穴を開けていきます。

響板塗装

ピアノ調律
01 /24 2007
e21.jpg

先日古いニスを剥がした響板の新しいニスの塗装が完了し、乾いて仕上がりましたのでフレームを乗せました。オリジナルには無いヤマハピアノのデカール貼り付けも施してみました。いかがでしょう?
e22.jpg

修理の続き

ピアノ調律
01 /23 2007
e20.jpg

調律から戻って時間が取れましたので修理の続きです。ピアノ本体の修理の他細かい部品類の修理も含めると作業が多くなります。
上の画像はフレームと本体を固定するボルトです。経年錆びの出たボルトの頭を金属バフで磨きます。こちらは修理というよりはクリーニングになるのでしょうか、見た目もすっかり変わります。

ピアノ調律
01 /22 2007
felt.jpg

60年代の古いヤマハピアノのアクションを修理していて見つけたのですが、当時は国産のハンマーではなかったようですね。イギリスのフェルトメーカーの印がありました。
「Naish Felt England」 とあります。おそらくこのメーカーだと思われますがメーカーのホームページもありました。
Naish Felts

グランドピアノ修理

ピアノ調律
01 /21 2007
e19.jpg

グランドピアノの修理の続きです。古く変色した響板のニスを剥がしています。ラッカーシンナーで剥離します。頭がクラクラしてきます。


e14.jpg

ニスを綺麗に剥がしたら180番程度のペーパーを均一にあてて下地の出来上がりです。

こちらが剥離前の響板↓

e9.jpg

弱音マフラーが・・

ピアノ調律
01 /20 2007
IMG_0889.jpg

ピアノの音を弱くする弱音マフラーが摩滅してぼろぼろになっていました。去年調律にお伺いした時は問題なかったので、この一年間でそうとう使用したと思われます。
聞いてみると夜間しか練習できないのでほとんど弱音機を使っているそうです。それに加えて一日約二時間の練習。
小学校5年生の男の子が弾くのですが昨年はコンクールで全国大会まで行かれたそうです。なるほど、ピアノの消耗具合も納得できます。
弱音マフラーフェルトはもともと消耗部品ですので簡単に張り替えることができます。

グランドピアノ修理始めました。

ピアノ調律
01 /19 2007
e1.jpg

ヤマハピアノ製造のグランドピアノ「エテルナ」の修理を始めました。

e2.jpg

エテルナG430はヤマハのG2です。

e3.jpg

弦、チューニングピンにやや錆が出ていること、ダンパーフェルトの劣化。響板のニス焼けがありますのでそれらは全て修復します。

e4.jpg

まずはダンパーの取り外し。


e5.jpg

弦は大きな張力がかかっているので取り外す時は少しづつ均一に緩めていきます。

e6.jpg

弦を全て取り外したらチューニングピンを抜き取ります。

e7.jpg

フレームを上げる準備です。ボルトを取り外していきます。


e8.jpg

取り外したボルトは同じ箇所へ戻しますので分からなくならないように・・

e9.jpg

ニス焼け・・ヤマハピアノの特徴です。経年劣化で響板のニスが茶色く変色してしまいます。これを剥がして再塗装します。


e10.jpg

ピアノの総重量の多くを占めるフレーム。重たいです。

e11.jpg


e12.jpg

さすがはヤマハピアノです。ピン板は最良のコンディションを保っています。フレームを上げてピン板が割れていたりすると悲しくなってしまいます。
今日は午前中調律の仕事でしたので午後から修理を開始しました。今日はここまでです。
明日は一日調律に出かけます。
あさっての日曜日は修理の続きです。続きは公開しますので、また見に来ていただけたら嬉しいです。

禁断の扉を・・

ピアノ調律
01 /18 2007
IMG_0882.jpg

アクションの修理を進めています。ハンマーを取り外してファイリングとフレンジコードの張替え、ブライドルチップの張替えなどなど。気合を入れれば3時間ぐらいで終わるでしょうか。

それから報告です。昨日食べずにすんだ「メガマック」ですが今日食しました。(禁断の扉を開けてしまいました。)感想は肉の味が重いビックマックという感じです。昨日売り切れで買えなかった事を気にしていてくれた妻が昼に買ってきてくれたのです。「今日は売ってたよ~」と。
全国で売り切れ続出の人気らしいですが、私は一度だけでいいかな。一人では食べきれないですし。

寒い日の調律

ピアノ調律
01 /17 2007
今日は昨日までの晴天とはうってかわって朝から寒い雨の一日でした。このような日は調律をするピアノのお部屋が暖まっていると嬉しくなります。寒いお部屋に案内されて、それから暖房を入れると調律している最中にお部屋の温度が変わるので、調律の精度に影響がでます。かといって今日のような寒さで暖房無しではきついのが本音です。
作業に影響がないくらい我慢できる寒さでしたら暖房を入れずに調律をするようにしています。その方が結果としてよい状態に仕上げることができます。
夏は全く逆です。エアコンが最初から入っていると、涙が出るくらい嬉しくなります。逆に暑い部屋ですとあきらめるようにしています。営業車に着替えを入れているので汗だくでも仕事をして、次にお伺いするお客様に嫌われないよう着替えることも時々あります。

ところで話は変わりますが、マクドナルドの新商品「メガマック」がずっと気になっていて今日ついに決心してマクドナルドに行きました。すると人気商品なのか、既に売り切れていて購入することができませんでした。ここのところメタボリックという言葉が自分にあてはまるような気がしていたので「食べてはいけない!」ということだったのかも知れません。
話がそれてすみません・・。

空を飛んでいます。

ピアノ調律
01 /16 2007
IMG_0868.jpg

今日はピアノの納品に立会いましたが大型のクレーンを必要とする搬入作業でした。吊っているピアノはC3クラスのサイズのグランドピアノです。隣接する住宅や電線にぶつからないか緊張して作業を見守っていましたが、そこはプロのクレーンオペレータの仕事です。手際よく搬入することが出来ました。

内職

ピアノ調律
01 /14 2007
action1.jpg

日曜日で調律はお休みですが、修理の仕事がたまっているのでピアノのアクションを自宅に持ち帰って修理をしようと思っています。

調律に行ったら・・

ピアノ調律
01 /13 2007
調律にお伺いしてインターホンを鳴らしたら・・誰も出ない。
たまにそのようなことがあります。調律の予定を忘れてしまったり、急用が出来たりなど色々理由はあると思いますが、お客様と連絡が取れなければそのまま帰るしかありませんのでちょっと寂しくなります。
もしかしたらすぐに戻られるかもしれませんので、15分程度は待つようにしています。それでも戻られない時は名刺をポストに入れて帰ります。
特に調律の予定を一ヶ月以上前から予定していると忘れてしまいがちなので近くなったら念のため電話で確認をとるようにしています。

定期調律

ピアノ調律
01 /11 2007
今日は2年に一度調律をしているお客様宅へ伺いました。
そもそも調律は年に一度というのは目安ですので、コンディションの安定していない新しいピアノや使用頻度の高いピアノであれば半年に一度、3ヶ月に一度実施されている方もいらっしゃいます。スタジオで使用されているグランドピアノは毎月一回調律を含めたメンテナンスに伺っています。
2年に一度は期間が長いのでこちらとしては正直なところその間の品質保持が大丈夫か心配です。しかしながらほとんど使用されなくなったピアノやお客様の語ご要望でそのように期間をあけて伺うこともあります。
新品から5年位定期的な調律をしていると、弦の張力が安定してきて音の狂う幅が少なくなるので演奏される方は音の狂いが気にならなくなってきます。その頃から定期調律を離れてしまう場合が多いと思います。
ただ、その頃からアクションや鍵盤の消耗で調整が必要になってきますので最低年に一度の調律はピアノの品質を最良に保つには必要ではないかと思います。

ヤマハYUSについて

ピアノ調律
01 /10 2007
ヤマハの調律師さんと一緒に仕事をする機会がありました。自分がヤマハに勤めていた頃は当たり前ですが新製品の情報は早くから知ることができて、希望すれば講習会なども受けることができました。
フリーになるとそういった情報は自分から積極的に調べていかないと何もわかりませんん。
先日発売されたYUSというアップライトのラインナップはとても評価が高いと耳にしていましたが、まだあまり詳しいことは知りませんでしたので、今回ヤマハの調律師さんに詳しく伺ってみました。
全てのラインナップで普及モデルに比べて優れていることがすぐに分かるそうですがその中でもYUS3が最も良く出来ているのではないかとのことでした。生産も発注から二ヶ月待ちだそうで売れているのでしょうか?実際に触ってみたいと思っていますが、なかなか展示しているお店も少なくてまだ触れる機会がありません。
それにしてもアップライトピアノで¥100万超は驚きです。

今日はお休みです。

ピアノ調律
01 /09 2007
今日は一日お休みを頂きました。とはいってもやらなければならないことがたくさんあって何から手をつけようか・・休みの日の午前中の初めの仕事は朝9時に子供を幼稚園へ送りに行きます。
午後3時に迎えに行くのでその間の6時間が自分の仕事ができる時間です。これがあっという間に過ぎてしまいます。
明日から調律の仕事が始まります。

仕事は今日まで。

ピアノ調律
01 /08 2007
新年4日から今日まで整備工場でピアノを直していましたが、とりあえず今日で一段落です。
まだお休みのところが多いらしくいつも車で通う通勤の道が空いていることがとってもありがたかったです。
明日からはいつもどおりの平日が始まるのかと思います。

今日は風が・・

ピアノ調律
01 /07 2007
今日も工場でピアノの整備の一日でしたが、お昼くらいからものすごい強風が吹き荒れていました。
夕方、最寄の電車が止まってしまい今日から仕事始めの社員の調律師が帰ることができなくなるというトラブルまで発生です。
明日は成人の日ですがどんな一日になるでしょうか。

大雨でしたが・・

ピアノ調律
01 /06 2007
正月休み明けの三連休初日はとても寒く、さらに大雨でした。
昨日一通りオーバーホールの完成したグランドピアノをこの悪天候の中、お客様が試弾にいらしてくださいました。
自分では良い仕上がりと感じていても、弾く方の好みは様々なので弾いて頂いて感想を伺うまではいつも不安でいっぱいです。
悪天候の中、遠方からいらしていただいているので、がっかりさせてしまったらと思うと気が気でありませんでしたが、幸いにも気に入って頂くことができました。
いくつかご指摘いただいた箇所をこれから直していって完成次第納品させて頂けることになりました。

修理完了

ピアノ調律
01 /05 2007
グランドピアノの修理は取り外していた大屋根他、外装の部品をとりつけて完了です。
外装はバフ研磨のクリーニングを施しましたので綺麗な仕上がりです。
このような修理を行うといつも思うのですが時間をかけてあれこれ直して仕上げたピアノは愛着があるので手放したくなくなってしまいます。
売り物ですから自分のピアノにするわけにはいきませんので、あとは大切に使っていただける方を待つだけです。
IMG_0839.jpg

グランドピアノ修理

ピアノ調律
01 /04 2007
年末から進めていたグランドピアノの弦の張替え修理がほぼ完成しました。新しい弦なので休暇のあいだにだいぶ音が狂いました。音程が安定するまでにはまだしばらくかかります。
IMG_0837.jpg

明日から仕事です。

ピアノ調律
01 /03 2007
休みもあっという間に終わってしまいました。どこにも出かけませんでしたがゆっくり休めましたし、子供たちとも遊べたので良い休暇だったと思います。
明日から仕事です。年末に決まった出庫予定のピアノの整備などの仕事があります。調律の仕事は連休明けからになりそうです。

ピアノ調律
01 /02 2007
特にこれといって出かける予定の無い正月休みなので、少々退屈です。昼間は子供と遊びながらのんびり過ごしています。
普段の日よりホームページの更新をする時間がありましたのでトップの画像を変更してみました。4日から元に戻します。
そういえば休み中に自宅のピアノを調律しなくては・・

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。