消音ユニット取付

ピアノ調律
09 /27 2006
自宅に入れているアップライトピアノに消音ユニットを取り付けました。ヤマハの消音ユニットは鍵盤一つ一つにセンサーのシャッターを取り付けるので手間がかかりますが、タッチの変化が無いので他のメーカーの物に比べて自然に演奏できるように思います。
弱音マフラーも残したかったので、消音バーアッセンブリーはコルグのものを使いました。
yux1111.jpg

スポンサーサイト

学校の調律

ピアノ調律
09 /26 2006
小学校の音楽室の調律に行ってきました。ピアノはヤマハのアップライトピアノでHQ31RSという聞きなれない機種です。これは学校用のモデルでピアノプレーヤ内蔵のピアノです。一般向けのHQ300と同じピアノです。特別違う点はコントローローラーのパネルの鍵が付いていて簡単に触ることができないようになっています。要するにいたずら防止ですね。
hq31rs.jpg


↓右上のコントロールパネルに鍵付きの蓋が付いています。
hq31rs1.jpg

出荷前の調整

ピアノ調律
09 /10 2006
週末二台ほど中古ピアノの販売が決まったので出庫前の調整を行いました。主な作業は外装のコンディションのチック(傷の有無など)と調律、調整、その他は付属品のチックです。調律や調整は納品時にお客様宅でも行うのですがなるべく狂いが少ないように出庫間際にも行っています。付属品は欠品が無いか、特にピアノの下に敷くものなどを違う物を用意してしまったりするとあとから交換するのは容易ではありません。通常フローリングやじゅうたん(カーペット)のお部屋ではインシュレーターという丸いお皿のような物をピアノのキャスターに敷きます。インシュレーターはプラスチック製の安価な物から耐震、防音用のものまで様々な物があります。畳の場合はインシュレーターだけでは畳がへこんでしまうので敷板を使用するのが一般的です。

ドロップアクション

ピアノ調律
09 /09 2006
1461418626.jpg

ヤマハスピネットピアノのドロップアクションです。ハンマーとほぼ同じ高さに鍵盤があるので、通常のアップライトピアノのアクションと比べると鍵盤奥のキャプスタンがウイペンを突上げる為の部品がハンマーの高さの位置まで付いています。調律もやり難いピアノですけどアクションの調整も一苦労です。

整備

ピアノ調律
09 /08 2006
しばらく調律の日々でしたが今日は工場でピアノの整備でした。午後はピアノを見にお客様がいらっしゃいましたが、皆さん遠方からいらしてくださいまして本当に感謝感謝です。気に入って頂けるピアノがあればいいのですが。。

納調

ピアノ調律
09 /07 2006
先月ピアノをご購入いただいたお客様宅へ初回のサービス調律(納入調律=納調)へ伺いました。少々遠方で長旅になりましたが千葉県の君津市です。一日仕事になりましたが遠くに行く時や初めて行く場所は旅行をする気持ちで楽しんでいます。

調律

ピアノ調律
09 /06 2006
今日は群馬県の桐生市で一日調律でした。昨日の調律とは違っていずれも定期調律なので音の狂う幅やその他の調整は通常通りの作業で終わります。毎年調律を実施している場合は作業はピアノの内部の掃除なども含めて1時間半~2時間程度です。

調律

ピアノ調律
09 /05 2006
8月が月の半分以上修理の仕事で終わったので、そのせいか今月は調律が忙しいです。今日は20年ぶりに調律をするというヤマハのピアノでした。音の狂いが激しいのは言うまでもありませんが、鍵盤やアクションの調整の狂い、フェルトの虫食いetc 定期的なメンテナンスを行わないとあらゆる箇所に影響が出て演奏に支障をきたします。

スピネットピアノ

ピアノ調律
09 /04 2006
ヤマハの古いピアノですがドロップアクションといって特殊なつくりのアクションなので背の高さが低くテーブルのような形です。弦をたたくハンマーが鍵盤とほとんど同じ高さにあります。
調律は座って作業します。立ってでもできますが腰が痛くなるかもしれません。高音部の調律には止音用の棒ウェッジが入らないのでスピネットピアノ専用の工具が必要です。
S2K1.jpg

画像は屋根を開いて鍵盤蓋を外した状態です。

コンサートグランド

ピアノ調律
09 /03 2006
今日はつくば市のアルスホールでピアノ発表会の調律でした。ピアノはヤマハのCFⅢSというコンサートグランドです。ピアノは大型になるほど低音から次高音までの弦が長くなるので調律の音が聞こえ易くなります。ですので小型のピアノに比べると調律がし易いです。弦が短いと振動数を減らすために銅線で弦に重みを与えるので余計な倍音が聴こえて正しい音律の判断が難しくなります。

九月に入って

ピアノ調律
09 /02 2006
九月に入ってからは過ごしやすい日が続きますね。気温が高くても風が涼しかったりと少しずつ秋に近づいているようです。
今日は午前中ピアノの修理の見積もりに行ってきました。ヤマハアップライトピアノのアクションは15年から20年ほどでフレンジコードという部品が切れてしまいます。
1.jpg


切れていても音は出ますが、タッチのレスポンスが悪くなります。またバットスプリングがダンパーに当たってカサカサとノイズが出ることもあります。
切れている部分だけ交換してもいいのですが、今は大丈夫でもいずれ他のコードも切れてきますので全部張り替えるのが理想的です。

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。