FC2ブログ

明日からお休みを頂きます。

ピアノ調律
05 /28 2006
明日から6/1まで親戚の結婚式などがあり私用で北海道へ帰省します。その間調律のお仕事はお休みを頂きます。日記の更新も中断しますが戻ってきましたら北海道での出来事など掲載したいと思っています。
スポンサーサイト

ピアノの納品

ピアノ調律
05 /26 2006
明日は行方市(旧玉造町)でグランドピアノの納品があり、納品の立会いと調律へ行ってきます。お子様がヤマハのNo100という古いアップライトピアノで練習をされていたのですが、学校での合唱の伴奏を任されるくらいの腕前で、しばらく前からコンディションの良いグランドピアノを探されていました。
弾き易いグランドピアノでの練習は演奏も楽しく、上達もさらに早くなると思います。

久しぶりに・・

ピアノ調律
05 /25 2006
久しぶりの晴れですがすがしい気分の一日です。仕事の合間に営業車の洗車でもと考えていたところ天気が良いのは今日だけだそうで・・
このまま梅雨に入りそうな感じですね。そういえば数年前このような気候のときがあってその時は冷夏だったようなきがします。

テナーサックス

ピアノ調律
05 /24 2006
テナーサックスを入手しました。ヤマハの古いモデルですがほとんど使われていなかったようで新品のように綺麗です。残念なことに私の個人のものではなく仕事関係から仕入れた商品なので販売用です。ベーシックなモデルですが音はよく鳴るのでお安く探されている方にお勧めです。

ピアノプレーヤFシリーズ

ピアノ調律
05 /23 2006
久しぶりにヤマハの古いピアノプレーヤを見つけました。ピアノプレーヤという商品として発売された初代の「Fシリーズ」という機種です。演奏データのソフトはフロッピーディスクですが、なんと5インチのFDです。ご存知ですか?
今ではメーカーもサポートしていない機種ですから壊れたら治せません。今回見たものも動きませんでした。中古ピアノで取り付けてあった場合は一式取り外してノーマルのピアノにすることが多いです。

フレーム塗装の剥がれ

ピアノ調律
05 /22 2006
K社の古い機種でフレームの塗装(金色の塗装)の剥がれがよくあります。最近調律した25年位前のグランドは手で触るとかぱかぱしてしまうくらい剥がれていて特定の音に共鳴してしまいます。見た目も悪くなるので剥ぎ取ってしまうわけにもいきませんので剥がれた部分に接着剤を流し込んで固定しました。応急処置ですがとりあえず共鳴はなくなりました。

グランドピアノのタッチ

ピアノ調律
05 /17 2006
ピアノのタッチを重くしてほしい、あるいは軽くしてほしいという注文は調律の際に多く頂きます。
今日はヤマハのGC1Sというサイレント付のグランドピアノを調律していましたらタッチが重たいので軽くできないかというご相談でした。
初めにチェックする箇所はアクションにスティックが出ていないかを調べます。スティックしているとアクションの動きがきつくなりますので、その抵抗が指に伝わります。次に鍵盤調整を見ます。
アクションの方はジャックの前後、スプリングの強弱、ハンマー接近の距離を確かめます。それらが狂っていれば正しく直すことで正常なタッチ感が得られます。しかし調整に狂いが無くてもタッチが重たいということであれば調整を基準の寸法や位置から変えることもあります。
スプリングは弱め、接近は狭くするなどです。確実にタッチは軽くなりますが、やりすぎると他の部分に支障が出ますので注意が必要です。p1010017.jpg

マフラーフェルト張替え

ピアノ調律
05 /16 2006
アップライトピアノの真ん中のペダルはほとんどのピアノは音を押える弱音ペダルです。構造は弦とハンマーの間にフェルトを挟んで音を弱めるという仕組みです。多用すると弱音フェルトは消耗して擦り切れてきますので交換修理が必要な場合もなります。中古のピアノを整備する時は新しく張り替える事が一般的です。U1H.12.jpg

ピアノジャッキ

ピアノ調律
05 /15 2006
ピアノを持ち上げるジャッキを作ってみました。専用の市販品は便利ですがとても高価ですので手作りで安価にできないかなと考えてみました。
古いピアノイスの「丸いす」の座部を取ってジャッキを乗せる台座を変わりに取り付けました。ジャッキはホームセンターなどで購入できる自動車用のものです。¥1500程度です。
かかった費用はジャッキ分のみですので大成功です。画像はグランドピアノのインシュレーターを取り替えるためにジャッキアップしています。アップライトピアノはちょっとコツがいるのとピアノを抑えるために別に大人が1名要りますが使えました。IMG_3355.jpg

フィンガード

ピアノ調律
05 /14 2006
ピアノの鍵盤蓋がゆっくり閉まるようにする「フィンガード」を取り付けました。スプリングの力を利用する一見簡易な装置に見えますが、取り付け位置によって効果が変わるので取り付けの際は慎重になります。
小さなお子様がいらっしゃる環境では重たい鍵盤蓋が指を挟んで怪我をする危険があって心配ですのでこのような装置は重宝されます。IMG_3361.jpg

ヤマハサイレント裏技?

ピアノ調律
05 /13 2006
ヤマハの消音ピアノユニット(RSやRF)は他社のサイレントに比べて機能が少なくて、ピアノの音色の再生のみと、かなりメーカーのこだわりを感じます。コルグ等はオルガンなどの音色の再生の他、録音機能やメトロノーム機能などがあって楽しめます。
そこで付加機能の少ないヤマハの消音ピアノを楽しむ方法を一つ紹介します。最高音の88keyと一つしたの87keyを一緒に押しながらサイレントの電源をonにします。小さく「かちっ」という音がしたらすぐに鍵盤から手を離します。すると内蔵されているデモ演奏が再生されます。曲は全部で7曲くらい内蔵されていて、曲の切り替えは80key(ミの音)から87key(シの音)までを押すとそれぞれの曲に切り替わります。
結構楽しめますよ。ただこれは裏技ではなく取扱説明書にも記載されている機能です。

tuner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。